蒼い星が流れる 人の願い叶えて帰る人を待つように揺れている街の灯 ダイヤモンド同じ空を同じ向きで並んでひとりぼっちだった時間を優しさにして 私が見つめる先にいつでもあなたがいて欲しいから大切に壊れないように星に祈ってる 傷つくのが怖くて閉じた心のドアを開け眩しすぎる笑顔で連れ出してくれたね もう泣かない もう逃げないたったひとつ誓った今生きてる喜びもっともっと知りたい 美しい世界の上いつだって魂は呼び合って