青い渚の カブリオレで 飛び去る二人は悲しいくらいダイヤモンド やさしく 奪って 途切れ途切れては シュレルズに 乗せてビート“BABY BABY BABY IT’S YOU” 唇に 零れ落ちた 白いスロープ ただ煌めく 真昼の真実密やかに惹かれてゆくほど 切ない 潮騒 “BABY BABY BABY IT’S YOU” ほろ苦い トランジスタ 遠くから 届くメロディ 追いかける 君は笑う叶うもの
いつもの話 手品みたい 嘘つきはもう止めにしてふたりはちょと合わないかなだけど気になるその仕草 この部屋ではときどき復讐の香りがするから 寂しげな横顔をしてる?いつかは話していい? 秘密の過去は皮肉なもの これが定めと云うのならこの部屋ではときどき 復讐の香りがするから特別な人かもしれない近づくふたりの距離 寂しげな横顔をしてる?いつかは話していい? いつもの話 手品みたい 嘘つきはもう止めにして
不甲斐ない金曜日のせいで届かないメッセージ冷たいベッドに倒れるこんな筈じゃないだろう? スライドする夜に ドアのない夢を見るばかり 忘れられない 覚えてしまったのウィンクして闇を裂く あなたを LET IT BE 答えなんてきっとたぶん無限にある_筈それでもただ一つだけいたずらに消えない ともすればファジー ただ果てしない日々は香る 真夜中のゴング 僕じゃだめかな月明かり遠く 眩しい 踊るカーテンを揺らす風は 淡
錯覚のゲーム 抜け出せないの 泳いでは誘惑の海 風前の灯火って 踊る プアゾン 夢の中へ来た道さえ 思い出せない滴る汗 二人 woo woo 同じ目をした タワーライト 照らす 真相は眼差しの奥にだけ その燃える炎 暴いてあげるよその燃える炎サバイブするなら woo そっと見つめ返してサイレンが鳴るサイレンが鳴る woo そっと タンジェリンに 揺れる世界は 蜃気楼灰を纏って 聖なる 星になるんだ 迫る ビジュー