baby i love you — 沖ちづる

またいつも自分のこと
傷つけてしまうような
嘘をついて笑いかけて
さみしくなって動けない

生ぬるいままの情熱が
君の体温を奪うだろう

ああ 一人じゃ眠れない夜も
ああ 自分が好きになれない朝も
ああ ずるくて優しい君でいい

baby i love you
そんな歌を歌うから

書きかけの返事だけが増えていく
あなたにはいつまでもこんな風に
甘えてはいられない

わたしより
あなたの優しさが
似合う人がきっといる

ああ わたしの悲しみはずっと
ああ きっとわたしだけのもので
ああ どうか期待しないでいいから

baby i love you
あなたの歌を歌っていて

昼の間に降る星を
数えるほどに
途方にくれることばかり
少し疲れて眠る
二人の歌

ああ 一人じゃ眠れない夜も
ああ 自分が好きになれない朝も
ああ ずるくて優しい君でいい

baby i love you
そんな歌を歌うから