青い鳥 – 氷川きよし

どこへ行ったの どこへ行ったの

少年は泣いていた 朝焼けの丘の上
その手の中でふるえてた 青い鳥が
飛んで行ってしまった あの窓辺から
どこへ行ったの どこへ行ったの
見上げた空は 答えない

少年は思い出す 淋しさを分け合った
その手の中の温もりも 同じ命
友のように歌った あのさえずりも
二度と聞けない 二度と聞けない
幸福(しあわせ)だった 愛しい日々

翼をもたない 人間(ひと)はみな
空に憧れて
飛び去る夢の羽音(はねおと)に
目覚めては 凍えるだけ
「お願い 僕を置いて行かないで…」

少年は泣いていた 朝焼けの丘の上
その手の中でふるえてた 青い鳥が
飛んで行ってしまった なぜひとりきり
声を限りに 声を限りに
呼んでも空は 答えない

どこへ行ったの どこへ行ったの
どこへ行ったの どこへ行ったの
遥かな空へ 消えたまま