笛吹峠 – 氷川きよし

花の東京が 呼んでると
上り列車で 郷里(ふるさと)捨てた
笛吹峠はヨー
空でトンビが 鳴いていた
泣き虫 弱虫 甘えっ子
皆な元気で いるだろか

それを恋とも 知らないで
赤い桑の実 ふたりで摘(つ)んだ
笛吹峠はヨー
祭り囃子(ばやし)が 風に舞う
縁日 綿飴(わたあめ) 星月夜
好きな想いは 変わらない

夢は何度も 追えばいい
きっと叶うよ あきらめなけりゃ
笛吹峠でヨー
遠くなるまで 手を振った
おふくろ 親父の 声がする
一度帰れよ この故郷(まち)に