百万本のバラ – 氷川きよし

信じてくれますか 一人の若者が
小さな家を売り バラを買いました
信じてくれますか 嘘だと思うでしょ
町中のバラを 貴女に贈るなんて

バラを バラを バラを下さい
ありったけの バラを下さい
あなたの好きなバラの花で
あなたを あなたを あなたを包みたい

バラを バラを バラを下さい
百万本の バラを下さい
僕の 僕の 僕の この生命(いのち)
貴女に 貴女に 貴女に 捧げましょ

貧しい絵画(えか)きの僕に 出来るのは ひとつ
何もかも捨てて 貴女を想うこと
誰も知らない 心のささやきを
花びらにそえて 貴女におくりたい

バラを バラを バラを下さい
ありったけの バラを下さい
あなたの好きなバラの花で
あなたを あなたを あなたを包みたい

出逢いは短く あなたはもう いない
あなたは 踊り子 街からまた街へ
夜汽車の窓べで あなたは思うだろう
見えない愛の灯(ひ)が この世にあるのだと

くるくる くるくる くるくる廻る
真っ赤なサテンの トウシューズ
残った僕の 熱い心には
甘い思い出 涙のしずく

貴女に 捧げた バラの花は
枯れても 枯れても 枯れても わがいのち
貴女の 貴女の 貴女の胸に咲く
あなたの姿は 遠く消えても

僕の 僕の 僕のある限り
君への 君への 君への 愛は
燃えて 燃えて 燃えて燃えるよ
燃えて 燃えて 燃えて燃えるよ
燃えて 燃えて 燃えて燃えるよ
燃えて 燃えて 燃えて燃えるよ