鈍色の煙の中 王様のお出ましだ銭ゲバ 銭ゲバ 銭ゲバ 銭ゲバ資本主義のイロハってやつを教えていただける銭ゲバ 銭ゲバ 銭ゲバ 銭ゲバ“ボランティアじゃねえぞ”カラオケで大合唱だ 王様に首ったけ銭ゲバ 銭ゲバ 銭ゲバ 銭ゲバ銭ゲバが上手になる 有難やエゴイズム銭ゲバ 銭ゲバ 銭ゲバ 銭ゲバ“あほんだら クソでも食え”蝿の王様 地獄のエリート蝿の王様 地獄のエリートバイバイ落ちこぼれ バイバイ ぼろっ
ほらほらねぇねぇ空気の真似して僕がいる天井裏には何にもないけど気分さここでだったら素直なあなたがよく見える傷つけあったりしたのが嘘みたいだピアノを奏でておくれよ長い髪をした少女よ(天井裏から愛を込めて) ほこりで汚れた(天井裏から愛を込めて) クモの巣だらけさ(天井裏から愛を込めて) 大好き(天井裏から愛を込めて)深夜0時の密かな愉しみ僕がいる青春みたいにせつなくなってもいいよねとても大好き大好き
ミイラのロマンス 喉から手が出る逆さまになって 愛しておくれよ砂塵をまきあげ必ずたどりつく蜃気楼になっても お前に会いに行く百年待ってもここには来ないそこまで行くから 金貨を分けてくれラクダの君は 砂漠のマドンナ背中のコブが 魅惑の秘密真赤な太陽 干からびた唇用事がないから 砂をかんでいる愛する他には楽しみはない干魚になっても お前を愛してる千年たっても 変りはしないあきれた奴だと 金魚も逃げてい
君と遠くまで 出かけて行ける足もとを確かにしてからサンドウィッチを作ろう昨日夢見た明日の国へ白いこの地図があるから道を間違えはしない ない赤点のテスト用紙に心の傷の数を書いて紙ヒコーキに器用に折ったとってもうまく宙を描いたんだ 本当少しくたびれた僕がいてときどき泣きそうな君がいてずっと二人で歩いてゆこうきっと僕達は話しがはずむ踊るようにすべるように砂利道でも転ばない ないうなされた夜はぜんぶホウキ
遥かなフジのヤマでヴィヲロン奏でてみれば黄泉の国から はじけ飛び出す幾千万のむくろ歌うんだ 踊るんだウラ声張り上げて歌うんだよだれが垂れるまで踊るんだ遥かなフジのヤマでヴィヲロン奏でてみれば賽の河原の子供が笑う不思議なメロディ ビビデバビデブ登れ 登れ 右の方から登れ 登れ 左の方からころげ落ちたら 五体バラバラ腕が折れる足が折れる背骨が折れるビビデバビデビビデブ……登るんだ 登るんだ血反吐を吐い
仏の顔してさ 飯だけ食らえばいいのさ昭和のごくつぶし 昭和のごくつぶしさ三年寝太郎で ゴメンネ甘えてばかりで昭和のごくつぶし 昭和のごくつぶしさプーシキン広場で ラインダンスを見せてよ並んでろ 並んでろ すベてはくだらない糞溜野郎(糞溜野郎) 糞溜野郎 寄り合って糞溜野郎(糞溜野郎) 糞溜野郎 集会を開け金もない コネもない 体は病弱で頭も悪いお前の告白が 実は禁治産者の真実アジアのひまつぶし ア
サンタマリア 雲の上失くしたままの宝物はありますか僕の好きだったカナリアは昔のように素敵な声で鳴きますか籠の中の鳥はバラのトゲを飲んだら出れるさよなら [金の籠を壊して]さよなら [さよならと鳴いたら]さよなら [喉が裂けて血が出た]カナリア カナリア カナリア カナリアあの日の午後の君の顔思い出すたび胸がチクリと痛みますせがまれた口づけは遠慮しないでするべきだったと悔やみます籠の中の鳥は虫を心ば
誰が運良くやっている 誰が空クジ引いているぐるぐる回って後ろの正面誰だ 誰だ秘密会議の卓を囲むのは誰だそれをペラペラ他人にしゃべるのは誰だ王様はロバの耳 悩むのは誰だ誰が事実を知っている 誰が記憶を失った井戸のまわりでお茶わんかいたの誰だ 誰だ隠し続けた腹をさぐるのは誰だあっと言う間に地下にもぐるのは誰だドロロンと煙まいて消えるのは誰だ 誰だ知りたい 知りたい モザイク無しで知りたい 知りたい 恥
ボク イママデ ヨワムシダッタケレドボク チカラニ アフレタ リラリラルルボク トリニナッテ エベレストマデカエルノ オジチャン サヨナラケムシノ オバチャン サヨナラタクサン タクサン アリガトナイタラダメヨボク チカラガタリズニ オチチャッタボク ナイタリシナイヨ リラリラルルボク ユメヲミタ エベレストノネタンポポ サイタラ ソナエテホシフル ヨルニハ ウタッテドキドキ ナマエヲ ヨンデネナ
バス通りをずっと歩いたら大勢から傷つけられたよ剥き出したナイーブな神経は君に踏まれて汚れてしまったいっそのこと ただうすのろいでくのぼうになってしまえたら考えずに転がっていたら君と恋もできると思う誰かが僕をちょっとこずいても受けとめては 受けとめてはぐるぐる回る誰か僕に 嘘をついてよ全然平気さ 僕は今日からでくのぼうランドセルを空にしてみよう本棚には花を飾ろう物置から椅子とテーブルを出そう雲を眺め
トゥルル トゥリルリ トゥリルラ ~廃品置場のすみで重たい空を眺めた貧しいカラスも僕等の事を知らんぷりがらくたの国のプリンスがらくたの国のプリンセスくそったれってみんなに言われているよ神様がいなくても僕らはここにいるいつだってドクドクと命が動いてるくそったれだって素晴らしい生まれた事が素晴らしい気絶するくらい素晴らしいただそれだけでなによりなによりさがんばり続けてみたらいつかは空も晴れるさ真っ赤な
遊び疲れて眠る小猫に狸婆々が枯木を投げた縁の下から骨が出てきた死んだ鴉の骨が出てきたほら君の事怨みましたほら毒づいて憎みました両手合わせて頭を垂れてゴルゴダの丘の上修羅の国では業にしたがいおのが心は闇をはらめりまろび出てしはさもしき鬼よ人の言葉を誰が教えしかほら君の頬叩きましたほら石つぶてぶつけました両手合わせて頭を垂れてゴルゴダの丘の上ほら右の手が盗みましたほら左手が壊しました両手合わせて頭を垂