津軽の風笛 – 水城なつみ

窓に浮かんだ 十六夜(いざよい)月は
遠い津軽に 見えるでしょうか
耳を澄ませば ねぶたの祭り
跳人(はねと)踊りで 出逢ったふたり
ヒュルリ ヒュル ヒュル ヒュルリ ラッセラ…
風も踊るよ あれは初恋 もう五年

恋の火祭り まだ冷めぬのに
好きと言えない 弱虫小虫
いっそ帰って 打ちあけましょか
思い焦がれて 夢まで泣かす
ヒュルリ ヒュル ヒュル ヒュルリ ラッセラ…
風も呼んでる 生まれ故郷に 早よ来いと

秋の木枯らし 笛吹き太鼓
枝の囃子(はやし)で 夜風がうたう
寝ても覚めても こころの中に
いまも恋しい あの人が棲(す)む
ヒュルリ ヒュル ヒュル ヒュルリ ラッセラ…
風が運ぶよ 津軽じょんから 恋唄を