笑った回数 1・2・3・4涙の数ほど 多くはないからこれから毎日 笑いましょワッハッハッハッ ウッフッフッフッ皆さんご一緒にワッハッハッハッ ウッフッフッフッ笑って過ごしましょう恋した回数 1・2・3・4あきらめきれない 想い出ばっかりそれならも一度 恋しましょワクワクドキドキ ルンルン気分で皆さんご一緒にワクワクドキドキ ルンルン気分で恋して夢みましょうワッハッハッハッ ウッフッフッフッ皆さんご
夏の日中を 焦がれ啼く蝉も抜け殻 残すのに私に何が 残るでしょうか夜毎あなたの より道は長すぎた 春のせい…生きる別れる どちらもつらい…二度も三度も 傷ついて自分ばかりを 責めていた待ちますあなた 戻って欲しいあなただけしか 愛せない冷たさに 尚もえる…過ぎてしまえば いい事ばかり…そうよ男は 鳥になる飛んで疲れて ねむるまで優しい嘘に つかまりながら夢で抱かれて すがりつく負けたのね 惚れたの
島を離れる 連絡船が夕陽背にして 消えてゆくひとりで手をふる 港駅あなたあなたと 啼くかもめ心の糸が 切れそな恋を追っていきたい 瀬戸内みれん鳴門うず潮 あの沖あたり灯りちらちら 浮き沈み添えない運命と 知りながら声をかぎりに 叫びたい帰って来てよ 涙がほろりおもいきれない 瀬戸内みれん何も知らぬと 夜明けの波が岸壁に当って 砕け散る冷たい無情の 水しぶき今度逢ったら おもいきり抱きしめられて 甘
ハアー シベリヤから来た鳥があんた捜して宙を舞うあたしゃ泣きながら でんぐり返しハアー 冬っこ近づくと 男は逃げるぬくい女のいる方へエッサエッサ ホイサッサ追いかけて行けば 嫌われるハアー しけた海に思い出を四つ 八つに 十六にちぎって棄てても 未練がつらいハアー 波止場で背伸びすりゃ あんたが見える朝寝 朝酒させたげるエッサエッサ
箪笥(たんす)の上の 色褪(いろあ)せたフェルトの帽子 父さんの形見駄じゃれや冗談 大好きで蕎麦がきつまんで 二合のお酒頑固だけれども あったかいあなたに会いたい もう一度さんさ踊りや 秋まつりおさない頃の 思い出は今も…父さん子だった せいかしらいつでもどこでも 帽子と一緒大きな手のひら ぬくもりとあなたの笑顔を 忘れない時雨 雷 鳴る夜は雪おこしだと 父さんの言葉私が嫁いで 行く朝は庭先見つめ
山の 山のヨー 山のむこうへ風よ伝えて この想い この想いさだめに裂かれた 別れの峠誓いも哀しい みずならの木よ津軽 お岩木 つのる恋しさに雨がふるふる じょんからしぐれ里は 里はヨー 里はもうすぐ雪にうもれる 長い冬 長い冬便りがみつかり 燃やされたとかせつない噂に 紅葉も散った津軽 お岩木 つのるいとしさに雨がふるふる じょんからしぐれ親の目盗んで かさねた逢瀬引き離されても 心はひとつ津軽 
ネバネバだっちゃ ネバネバだっネバネバだっちゃ ネバネバだっ水戸の納豆がヨ 笑とるぞここで投げたら 母様(かかさ)も嘆くねばらんか ねばらんかもひとつドッコイ ねばらんか泣いて仰げば… 茜空ネバネバだっちゃ ネバネバだっネバネバだっちゃ ネバネバだっ一人暮らしがヨ 淋しかろ生まれふるさと 遠くはないがねばらんか ねばらんかもひとつおまけに ねばらんか帰る季節は… 今じゃないネバネバだっちゃ ネバネ
風に吹かれて 綿毛の種が海を越え 花になり大地をいつしか 故郷(ふるさと)に変える たんぽぽ寂しさや 人恋しさは路傍の花の 宿命(さだめ)です強く生きましょう 時には誰かがじっと見つめて くれるでしょう強く生きましょう あなたのとなりにそっと咲いてる たんぽぽ夢をみた日は 遠くになって春の風 めぐるたびやさしさ健気さ 鮮やかさ魅せる たんぽぽなぐさめや 励ましなどをもらえる花じゃ ないけれど強く生
りんごみたいな 夕陽の色に風も染まった 日本海駅に降りれば かもめがお出迎えつんつん津軽の 港町御無沙汰しました 故郷さん会いに来ました 想い出におさな馴染みは 散りぢりだけど今も面影 ここに居る藍い浴衣の この胸ときめいたつんつん津軽の 夏祭り御無沙汰しました 故郷さん会いに来ました 初恋に岩木お山に 積もった雪もあつい情けで 解けてゆく人があふれて 華やぐ都会よりつんつん津軽は 暖かい御無沙汰