國道127號線の白き稲妻 – 氣志團

ちょうど三年前の この道を疾走った夜
昨日の事の様に 今 はっきりと蘇る

耳をつん裂く様な あの爆音が大好きだった
強制パンチの哀しい天使達
俺達はいつだって孤独だった

ONE, TWO, SEVEN, Daaaaaaaaaa!!!!

不思議と怖くなかった
スピードの向こう側
俺達は真夜中のドン・キホーテだった

ONE, TWO, SEVEN, Daaaaaaaaaa!!!!

夜明けの蒼い道
赤いテイルランプ
去って行く 細い後ろ姿
あの頃のお前に逢いたい
もう一度だけ あの頃のお前に
逢いたい

ONE, TWO, SEVEN, Daaaaaaaaaa!!!!

ちょうど三年前の この道を疾走った夜
昨日の事の様に 今 はっきりと蘇る
鎖の様に連なるテイルランプがカーブに散ぎれて
國道を踊る様に駆けた俺達は
真っ白な稲妻になった

「コバルトブルーの夏の朝を迎えに、
パールホワイトのFXは今夜も疾走り出す。」

Remember ROUTE127…

コメントを残す