いつしか忘れられた オジーの形見の三線床の間で誕生祝いの 島酒にもたれてほこりを指でなでて ゆるんだ糸を巻けば退屈でたまらなかった 島唄が響いた鮮やかによみがえる あなたと過ごした日々はやわらかな愛しさで この胸を突き破り咲いたのは 三線の花テレビの斜め向かいの あなたが居た場所に座ればアルミの窓から 夕月が昇る家族を眺めながら 飲む酒はどんな味眠りにつく前の 唄は誰の唄喜びも悲しみも いつの日か