桜想ふ – 橘慶太

新しい風と新しい扉の向こう
幼な過ぎて臆病な
夢の面影
誰もいない教室 君だけに打ち明けた
心の奥 締めつける
柔らかな痛み

桜がそらを巡り
限りある時を数えた
僕等はまた会えるだろう?
長い旅路の途中で…

それぞれの想い それぞれのそばで きっと
かけがえない花が咲きます様に
綺麗に色づかなくてもいいんだ
ほら 自分らしく咲けば
僕が僕であるために信じて
進め 前へ前へ
Be my way

変わりゆく街並 変わらぬもの探した
フトすれ違う少年に
懐かしさ覚えて

全て当たり前だった
あの夢その微笑みも
この瞼の裏側で
あの日をリプレイさせるから

悲しい歌も 不器用なメロディも 全部
何一つ無駄じゃなかったんだって
果れしない道 迷ったり遠回りして
きっと答え見つかるだろう
信じられないものは もうないさぁ
進め 前へ前へ
Be my way

それぞれの想い それぞれのそばで きっと
かけがえない花が咲きます様に
綺麗に色づかなくてもいいんだ
ほら 自分らしく咲けば
僕が僕であるために信じて
進め 前へ前へ
Be my way