本音とは醜くも尊い – 橋爪もも

駅員に押し込まれて 両手上げて踏ん張った足は 誰かの足を踏む
大勢で見繕ったモラルの上を歩けば とりあえずまともに見えるようだ

真っ暗で雑然としたこの部屋 真冬でも生暖かい

光れ人生 ほんの些細なことでかまわないから
伸びる影 このままでは消える まぶしい君が直視できないんだ、ごめん

予防線張りに必死で お得意の知らん顔 死体の方がマシじゃねこれ
面倒くさい人は嫌ね 削ぎ落とした感情が今日のクソ不味いつまみか

あぁ君も今日はどんな日で 何度笑顔で自分を殺したの

光れ人生 ほんの些細なことでかまわないから
息苦しい君の側は苦しい まぶしいはずの君が泣き出したんだ、ごめん

黙り込んだ暗い部屋で最後だと罵り合って 僕らは互いに溺れる寸前で
本音とは醜くもなんて尊い 息継ぎができた 息を吹き返した

光れ人生 みんな裏じゃまともじゃないなら
もっと泣け ぶちまけて 身を晒せ 時には愛も歌え 面倒くさい奴さ

それでいい