カーテンの裾の辺り木目の床 底冷えする真冬の夜ベッドの中好きな小説を読んでいたいゆっくりと過ぎる時間(とき)が心を癒してくれるの慌ただしい日常の中一人でいるのが好きになったなぜ 人は誰も目の前にある この幸せだけで今日を生きられないの?もう充分でしょう私 ないものねだりしたくないこのまま 眠くなればいつの間にか 部屋の灯り点けっぱなしで夢の中へ微睡める自由があればいいなぜ 人は誰も目の前にある こ