伊太郎旅唄 – 橋幸夫

筑波山さえ 男体女体
伊太郎かなしや 一本どっこ
利根の河原じゃ すすきも泣いた
ふいとやくざに ふいとやくざにヨー
誰がした

すすき葉末に 光るは露か
やさしい潮来の あのお月さん
逢わず三年 こらえて利根も
じっと流れる じっと流れるヨー
七十里

斬られ切傷 おいらはいいが
荒れてはくれるな 故郷の土よ
きかぬ気性と いっても女
雨はつらかろ 雨はつらかろヨー
花あやめ