WICKED ANGEL – 横道坊主

吐いた息が
通りの風景をぼかしてゆく
何かに怯える子犬のように
外の世界に目をつぶった
小さなガラス窓の外は
一月の乾いた風
俺を受け入れようとしない
お前の瞳のように

でも お前はANGEL
まっすぐに生きてた
そう、お前はANGEL
何も悪い事はないさ

赤い髪をかきあげて
つまんないねってつぶやいた
暗い部屋でお前は
俺に別れを告げた

しょうがないと思いながら
また酒をあおって
きっと明日はいい事が
いい事があるはずだから

ああ お前はANGEL
俺は幸せだった
そう、お前はANGEL
素直なだけの天使

でも お前はANGEL
まっすぐに生きてた
そう、お前はANGEL
何も悪い事はないさ

季節の流れは速くて
お前を少し忘れた