叫び声にも似たブレーキ吸い込まれそうな地下鉄のホーム生暖かい風が 通り過ぎていくよどんだ始発のSubway Stationなぜか浮かない顔の人たち始まりと終わりの交差点今にも飛び込みそうな 少女が一人怯えるように耳を塞ぐ夜の街から朝の街へと掃き出る人と肩をすれちがう狂った風に吹かれながらみんなどこへ行くのだろう悲しいくらいに不器用な少女は自分のいる場所をさがすこれからどれくらい打ちのめされて行く?
一世一代の夜なのに土砂降りの雨と空待ち合わせてた改札にお前は来なかった駅で拾った夕刊でお前の顔を探す安心できず思わず俺はダイヤル廻すお前は震える細い声アパートに帰ってた俺の声にホッとして「怖いよ」と呟いたチンピラの憂鬱な毎日を捨てようと臆病な俺たちが初めて手を結んだ日部屋の電気を消したまま俺たちは考えた朝が来るまで数時間時計の音が響く逃げて追い込みかけられるか半殺しの目にあうか朝が来るまで数時間俺
高層ビルの屋上からアスファルトに飛び降りたTVカメラが見ていたものは真っ赤に熟した潰れたトマト氷のような冷たい眼で潰れたトマトを見下ろしてる歪んだ情報つかまえて面白可笑しく飾られた潰れたトマトの意味よりも噂話に花が咲く数万フィートのフィルムの山に一切合財焼きつけろ誰の為なのかもわからずに足並み揃えて生きていく何のためなのかわからずに奴は死に急ぐそばにいる誰もがわかったふりしたバカばかり逃げ場を失く
吐いた息が通りの風景をぼかしてゆく何かに怯える子犬のように外の世界に目をつぶった小さなガラス窓の外は一月の乾いた風俺を受け入れようとしないお前の瞳のようにでも お前はANGELまっすぐに生きてたそう、お前はANGEL何も悪い事はないさ赤い髪をかきあげてつまんないねってつぶやいた暗い部屋でお前は俺に別れを告げたしょうがないと思いながらまた酒をあおってきっと明日はいい事がいい事があるはずだからああ お
TAXI DRIVERが言う事にゃ 俺はチャンスを逃してきた人生にいくつあるか解らない チャンスを俺は掴めなかったTAXI DRIVERが言う事にゃ 会社が潰れた時 目の前が真っ暗女房とガキの顔を見るのが辛い 毎日がそれからしばらく続いたDRIVER SAYS 若い頃のチャンスは しっかりと確実に掴まえなTAXI DRIVERが言う事にゃ そのガキも交通事故で失った女房と泣き暮れるばかりの毎日で 
どれくらいの 闇の中を僕らはまた 行くの見えなかった 感じなかった痛みをまた 知るの輝いたのは ただ一瞬の夜を引き裂く 流星そして星は 激しく砕けてちぎれた僅かな 光を舞い上げ空にひとつ胸にひとつ 撃つこの命を この体をいつまででも どこまででも響かせていく 繋いでいく叩きつける 心の音時の遥か 遠く 遠く思い出せば そっといつだって 君は君のあの場所へと還るこの温もりは この悲しみを胸に飲み込む
傷つけ合って ナイフの様なライド突然の雨に ぶち込むのがハイ センスアホみたいな世界 付き合わされたお願いさBaby うまい事言ってんじゃねえOh Yeah 土砂降りの雨はOh Yeah ずぶ濡れて走れ世界はそんなに 狭かねぇだろう分かったふりして 見過ごすのはロー センス信用ない世界 また騙されてやめてくれよBaby また誰かのせいかよOh Yeah 黒い太陽はOh Yeah 毒を噛み潰すほらま
春の風が 立ち弾む 予感にざわつき痛む悲しみは束の間 陰に横たわる雨が叩く 窓の音は トツトツと鳴り明けぬ梅雨の 空を仰ぎ 深く息をする独りぼっちの寂しさは 紛れる事なくいつも胸の 隅っこで 膝を抱えてた夏の始まり 緑の葉 薫る風吹けば遠い記憶が切なげに 胸に去来する暑い陽射しを駆け抜ける様な一瞬にやがて蜩 夕涼み 秋の風が吹くまたひとつ 季節が行く吹雪く冬のアスファルト つまづきながら傷をかばい
あの春の日の月は 眩しく輝いていてキリキリと痛む不安を そっと包んでいてくれた誰が想像したろう 突然の別れをいや誰一人気付かない 静かな夜を越えて寝息をたてる 君の寝顔をぼんやりと見つめて 約束をした明日は君の好きだった あの海を見に行こう二度と見る事はないと 思ってた海を穏やかな凪の彼方に君がいるような気がした You are the seaどんなに荒れ狂う風も いつかは穏やかになるそう思い込む
焼けた夜の 遠くの方で微かに差す 希望を見た涙ひとつ 言葉はひとつ叫ぶ声に 希望を見た揺れているのは お前だけじゃない白花 夕顔 空に咲いた夜に浮かぶ雲と月の明かり淡く白く 白く 光る悲しみ 悲しみ くたばれ夏の終わりの 夕立の中突然差す ヒカリを見た雨はきらめき 道に弾んでコロコロ遊ぶ ヒカリを見た涙の様に ほほを伝って白花 夕顔 胸に咲いた夜に浮かぶ雲と月の明かり淡く白く 白く 光る悲しみ 悲
ある晴れた日の夜 町に響き渡るギター月と猫と野良犬 月影と踊るギターポロンと弦を爪弾くと ポロンと涙が一粒コツンと足を鳴らせば 胸を踊らせるギターお前と一緒に歌った 長い長い年月いくつも笑顔に出会えた 雨の日も晴れの日もある嵐の日の夜 窓をたたく雨音月と猫はウトウト 夢の中に踊るギターある雨上がりの午後 足下を見上げたら星屑の夜の空 星影に浮かぶギタードボンと夜に飛び込むと キラリと跳ねる星屑どこ
頭のテッペンから ぶん殴るみたいにさ全てを破壊しろ Destroy血も肉も細胞も 生まれ変わりやがれ散々な目に遭いまくって Bump up brain明けない夜明けは お前のせいだろういつまで自分を 信じてるのさその首にぶら下げた 言い訳がまたお前の 生きる時間を無駄にせっせと食い潰してる頭のテッペンから ぶん殴るみたいにさ全てを破壊しろ Destroy血も肉も細胞も 生まれ変わりやがれ散々な目に
青い夜から 目覚めぬまま僕はこの街へ 唾を吐き捨てた町からは少しずつ 足音も消え街灯はちらつき 夜はくだをまく大人は誰ひとり 耳をかさず僕の心を 踏みつけにするでもね 僕はまだ ギターを鳴らし曖昧な明日を 探し続ける淡い光が 落ちる朝にぽつんと浮かんだ 丸い月を見た優しい言葉に 傷ついたまま眠れず明かした 夜を思い出す疲れた心を 引きずりながら今夜もこの町の 夜に溶けてゆくでもね 僕はまだ 命を鳴
馬鹿が偉そうに丸裸阿呆なおだてに木に登る上げろ 上げまくれ 持ち上げろそのうち踊り出す風が吹けば 桶屋は上々馬鹿が踊れば 巡り巡り思いもよらぬHappyな惨状それはそれで FuckinなParty騒ぎまくれ 夜をぶっ飛ばせLets kick the night馬鹿が弱いフリ 知らぬフリ阿呆な浅知恵 舐めた口ふんふんそうですかごもっともそのうち走り出す風が吹けば 桶屋は上々馬鹿が踊れば 巡り巡り
We are グレイトライダース 胸に愛とピストル闇をブっぱなすダイナマイト最高 それが見たくて 走り続けるんだそれが 人生ってもんだどうこうするべきだとか それが当然だとかいつの 時代の話だ今は 次の今へと 変わり続けるんだそれが 生きるってことだ喰らいついた 憂鬱は砕く血を騒がせろ 無常の世界終わりがくるまで始まり続ける We areWe are 偉大なるソウル 世は常に激動肝心なのは諦めぬ 
悲しみとか 苦しみとか この背中に全てを担ぎ希望とか 明日とか ひとつひとつ集めて行く進め 進め 脇目も振らずにいざ進め人生上々手を借りて 肩を借りて この体を引きずりながら笑顔とか 優しさとか ひとつひとつ焼きつけて行く歩け 歩け 生き恥さらしていざ歩け人生上々涙落ちて 涙落ちて 枯れ果てるまで涙落ちてうずくまって 丸くなって 笑えるくらい丸くなって泣いて 泣いて 馬鹿馬鹿しくなるまで泣いて人生
嘘のないあの空と 間違いだらけのこの町と蹴飛ばした悲しみは あの闇に捨てちまった迷い込んだ世界は今 吐き出した灰色をひび割れたこの肌に 刻み付ける 傷だらけの季節踏みつけたクローバーも 千切り捨てた花びらも錆び付いて突き刺さって 痛みとなり絡みついた抱きしめようこの世界を 汚れちまったこの大地をひび割れたこの時に 刻みつける 傷だらけの季節ありふれた日常と灼熱の絶望と笑顔 悲哀 生きる機微と ブル