愛したいひと – 横山だいすけ

僕はなんども考えてしまうよ もっと楽しく君と笑っていたいから
なにが嬉しいかな どれが嫌な気持ちかな
たいせつにするほど 空回りをしちゃうよ

ごきげんななめ ほっぺたふくらませ
君はぎゅっとね 僕の手を握るよ
言わなきゃいけないこと 胸に残ったままだ
愛はままならないもの

優しさこそ片思いになるんだ
君も僕も上手になれやしないや
でも互いの気持ちを ひとつひとつ繋げて

僕らにしかない結び目を 一緒にたくさんつくろうよ

ごらん夜空を この手をつないだまま
ずっと君とならんで見ていたい
それはちっぽけな夢 でもかけがえない夢
僕にとって君は愛したいひとなんだ

きっと誰もが幸せになりたい きっと誰もがいい奴でいたい
ズルくて不器用な 弱さをかかえながら
みんな愛をさがすのさ

君はいつか真剣に怒ったね
「あなたはあなたを大事にしなきゃ」と
ぽろぽろ涙こぼし 伝えてくれたときに
僕ははじめて愛されるってことのぬくもり感じたよ

ごらん夜空は 悲しみもよろこびも
真逆のものぜんぶうけとめるよ
それが愛なのかもな ゆるしあえるつながり
君にとって僕もそんなひとでいたい

こたえはつくるのさ 僕らならできるよ
明日も 明後日も 未来も

いつも夜空を ながめているふりして
ほんとは横目で君をみていた
そしたら君も僕の顔をのぞきこんでた
照れくさいけれど うれしくなるんだ

ごらん夜空は 輝きつづけるのさ
君がとなりにいてくれるかぎり
つなぎあったその手を何度も握り返す
僕にとって君は愛したいひとなんだ

ずっと… ずっと… ずっと…