誰かと誰かの交わる心をキレイにしたくて歩きなれた道を見渡して今日も歌を歌うんだよ時々逸ってつい君を傷つけたよわかってあげれなくてごめんね風を受けてゆっくりと明けていく夜木々の声を聞きながら変わり続ける町のその真ん中で大事なものは見失わないように覚悟を決めたあの日に閉じた記憶とあの匂いも守られているよ今日もだから少しずつ返したいよ悲しくて落ちた涙の跡に気づいてまた一つ大人になるよ風を受けてゆっくりと