記憶 — 槇原敬之

光のフレアが眩しくて
よく見えない誰かの顔
覚えてるハンドクリームの
柔らかで清潔な香り
かさかさのほほで笑った
本当かもわからないけど
愛されているとあのとき
確かに感じられたんだ

ほんの少し勇気が欲しいとき
思い出せる特別な場面がある

それはほほを包む優しい指
繋いだ手のぬくもり
何かの拍子に思い出す
言葉を超えた想いの記憶
もしも思い出せないなら
僕が優しく伝えよう
何かの拍子に思い出す
言葉を超えた想いの記憶

愛が憎しみになったり
全てを笑える日が来たり
月日が流れると気持ちも
いくらでも変わっていくから
全て嘘だと言わないで
冷たい冬を超えてこそ
強く美しい自分になれる
そうただ信じてほしい

ほんの少し勇気が欲しいとき
君が思い出してくれるように

それはほほを包む優しい指
繋いだ手のぬくもり
何かの拍子に思い出す
言葉を超えた想いの記憶
もしも思い出せないなら
僕が優しく伝えよう
何かの拍子に思い出す
言葉を超えた想いの記憶

大丈夫だよと
微笑んであげたいとき
思い出せる特別な場面がある

それはほほを包む優しい指
繋いだ手のぬくもり
何かの拍子に思い出す
言葉を超えた想いの記憶
もしも思い出せないなら
僕が優しく伝えよう
何かの拍子に思い出す
言葉を超えた想いの記憶