一番初めての恋人 – 槇原敬之

君が住んでいた街に
久しぶりに降り立った
少し変わった街並み
でも同じ匂いがした

くだらない理由で終わった
恋を思い出してた
初めて親に嘘をついて
電車を乗り継ぎ通った

二人改札の所で別れた後
もういないかなと振り返っても
手を振ってくれていたんだ いつだって
最後の別れの時も

それは僕の人生で
一番初めての恋人
君は今どこにいるのかな
元気で暮らしてるのかな

今夜はおそくなるの?と
メッセージが届いた
君とタイプの違う人が
今の僕の恋人だ

便利にはなったけれど
携帯さえなかった
あの頃の恋のほうが
ロマンチックに思えるんだよ

僕が吹いた口笛の続きを
鼻歌で唄ってくれる人が
待っている街へと急ぐ電車
気付けは窓には夕焼け

あれは僕の人生で
一番初めての恋人
君は今どこにいるのかな
元気で暮らしてるのかな

二人改札の所で別れた後
もういないかなと振り返っても
まだ手を振ってる君に駆け戻って
改札を越えて抱きしめたんだ

それは僕の人生で
一番初めての恋人
君は今どこにいるのかな
元気で暮らしてるのかな

どんな場所にいたとしても
どうか幸せであるように

コメントを残す