雪の…雪の故郷 吹雪に暮れりゃ人も通わぬ 峠道越後寒かろ 寒かろ母よ抱いてあげたい 丸めた背中(せな)を飛んでゆきたや エェー 遠い空ハァー夢で 夢でも 逢いたや母ヨー上り…上り列車の 汽笛に消えた母の呼ぶ声 里の駅越後遙かや 遙かや越後盆にゃ帰ると 帰れぬままにおけさ流しの エェー 夏がゆく夜なべ…夜なべ藁(わら)打つ あかぎれ指の痛さ偲(しの)べば また涙越後恋しや 恋しや母よ命削(けず)って
胸にうずめた 黒髪さえも泣いて乱れた 萩の宿さんさふれふれ 人恋しぐれ奥の細道 面影つれて越える松島 瑞巌寺(ずいがんじ)北の深山(みやま)の 千年杉に誰を呼ぶのか 不如帰(ほととぎす)さんさ切なや 焦(こ)がれる身には沈むこころに 風さえ淋し暮れて朧(おぼろ)の 夕霞(ゆうがすみ)ふたりいたから ひとりが寒い逢瀬(おうせ)かなわぬ 夜半(よわ)の秋さんささんさと みちのくしぐれつのる思いを 知ら
あの日のままです この酒場(みせ)は壁にねぶた絵 ひばりの色紙雪やこんこん 今夜もひとり今も暖簾(のれん)を たためぬままにあなた待ってる 居酒屋津軽両手を炭火に かざしても胸の芯まで 凍(こご)える夜更け雪はしんしん 未練がつのるここが止まり木 あなたの居場所きっと帰って 居酒屋津軽あなたに逢えない 冬いくつ北のこみせに 灯りがともる雪やこんこん 今夜は吹雪よされよされと ないてる三味線(しゃみ