きっとずっと – 楠田亜衣奈

いまでもきっと こころはずっと
透明に輝き続ける
あのときの空へ つながる優しい春の想い

まだ履き慣れない まっしろな靴
赤い 大きすぎる ランドセルに
ドキドキ詰めこみ 扉ひらいた
慣れない教室 不安で うつむいてた

そっと手を伸ばして 声をかけてくれた
「あなたの名前を教えて」と
優しい笑顔で

ここからきっと はじまるもっと
鮮やかに彩る世界へ
トクベツな毎日あなたと見つけた
いつでもきっと こころにずっと
透明にきらめく想いは
あのときの空へ つながる優しい春の匂い

くだらないことでケンカしたよね
たまにイタズラして怒られたり
いじめられた時 助けてくれた
いつも隣には あなたが笑ってたね

そっと手をつないで 歩いた帰り道
「これからもずっと友達ね」
指切り交わした

あれからきっと 気づけばもっと
優しさに溢れる明日へ
トクベツな絆を確かに感じた
いまでもきっと こころはずっと
透明に輝き続ける
あのときの空へ つながる優しい春の想い

突然すぎて お別れも言えずに
泣いたあと 見上げた空には
過ごした日々 輝いてた
今も忘れないから

ここからきっと はじまるもっと
鮮やかに彩る世界へ
トクベツな毎日あなたと見つけた
いつでもきっと こころにずっと
透明にきらめく想いは
あのときの空へ つながる優しい春の匂い

想い きっと いつまでも