TOKYO – 椎名林檎

同じ夢で目覚めた。なぜ今また昔の男など現れる。
眉や目でさえ憶えていない相手じゃ遥か朧の月。
曖昧模糊。そんな顔を見て過ごしていた、妙な場面。
夢は十中八九晴れ模様清々しく。精々願望を映し出しているようで、
莫迦に幸せそうに燥いでいたっけ。
ああしんどいわ。頭のみ冴えている。
どことも誰とも繋がらないこの命。ああ重いわ。
持て余した自我。急いで夢の途中に戻して。起きていたくない。

微熱を帯びた瞼が居直ると、現の世界は荒れ模様忌々しく。
傘も携え用意周到だった。だのに濡れている自分。不幸なんだって。
まあしんどいよ。しとどに泣く足。どこへも誰へも続いていないこの道。
まあ酷いよ。踏み外した過去。行けども帰れども責められて
失せてしまいたい。そう当座凌ぎに必死の人生。
悲しくてもう耐えられない。ねえせめて愛されてみたかった。ひと度でも。

どんな最期を迎えて死ぬんだろう。変わらず誰にも甘えず、
ずっとひとりなら長いわ。高が知れた未来。
短く切上げて消え去りたい。飲み込んで東京。