Papayer, oranger, bananier et manguierPour manger sans jamais rien payerPas dargent, pas de gens
ニュースの合間に寝息が聞こえる期待したよりずっと静か弦を爪弾けば盛者がまやかし思えば遠き日結った髪も手を繋いで居て悲しみで一杯の情景を握り返してこの結び目で世界を護るのさ蓮華の咲く頃柑子は実らぬ期待するのは勝手だと云う殺めないでと憎しみで一杯の光景を睨み返してその塊を果敢に解くのさ「夢を見る拙さか」麗しき寝顔に問う手を繋いで居て喜びで一杯の球体を探り直してこの結び目が世界に溢れたらただ同じときに遭
I know I dont quite measure up against youThe whole context in which we
Im just like the womenWho stand next to you and stareSweet intoxicationBut Im leaving
神秘で出来た美しい獣を観る捜していたものを見つけた悦びをいま唄に代えよう届いて”あなたの名前を知りたい嗚呼きっといつか呼べます様に”神秘は識らない己が奇跡だとは後ろめたい気持ちのわたしは言い訳も唄に代えよう例えば”あなたの鼓動を聴きたい嗚呼ずっと遥か遠くからも””あなたの視点を読みたい嗚呼今日が逃げてゆく前にあなたの名前を呼びたい嗚呼どうかあなた疎まないで”