大利根無情 – 椎名佐千子

利根の利根の川風 よしきりの
声が冷たく 身をせめる
これが浮世か
見てはいけない 西空見れば
江戸へ江戸へひと刷毛(はけ) あかね雲

「佐原囃子が聴こえてくらあ 想い出すなア…、御玉ヶ池の千葉道場か、
ふふ…。
平手造酒も、今じゃやくざの用心棒、人生裏街道の枯落葉か」

義理の義理の夜風に さらされて
月よお前も 泣きたかろ
こゝろみだれて
抜いたすすきを 奥歯で噛んだ
男男泪(なみだ)の 落し差し

「止めて下さるな、妙心殿。落ちぶれ果てても平手は武士じゃ。
男の散りぎわだけは知って居り申す。行かねばならぬ。
そこをどいて下され、行かねばならぬのだ」

瞼(まぶた)瞼ぬらして 大利根の
水に流した 夢いくつ
息をころして
地獄まいりの 冷酒のめば
鐘が鐘が鳴る鳴る 妙円寺