鶏の挽肉に みじん切りの長葱酒と醤油と 卵白と生姜汁片栗粉入れて ゴマ油を入れてよく混ぜたら 手の中で 丸めてさぁアクと脂 取りながらダンゴ 鍋で煮込むのさ野菜入れて フタしてタンゴ 鶏団子鍋 作ろう豆腐が煮えてる 白菜も煮えてるフタの穴から 湯気が上がってきた水菜をいれて もぉ一度フタして美味しさの予感に くちびる噛んでそぉわかるでしょ 鶏団子からも うま味が出てる待ちわびた 味はタンゴ 鶏団子
いつもの道 いつもの風重い足取り 少し軽くなる夢を捨てた 訳じゃないのさ今が愛しい それだけさ事情は知らないが 辛いのは同じだね何も言わないで 慰めあえるからああ 遠くで手を振る 不ぞろいな仲間いつでもそこで 待っていてくれるForever 溝の口昼は疲れ 夜はうなされ繰り返すだけの 季節が巡るいつのまにか 時は移る夢は遠く 去るばかりかいつも振り返れば 過去だけは眩しいね独りじゃなかったと 納得