星の無い空を 映す海は黒僕の身体は 小刻みにフルエテルどこでどうなって こんがらがってるんだろう蹴り上げてやる 今開戦の時裁くことはない 闇はもう嘆くことはない 闇じゃないから頭真っ白になるまで ビートに身体任せて頭頁っ白になっちまうまで 壊れたSTRANGE KINGDOMで不快な空気 包まれたとしても小鳥の囀り 止みやしないのさ鉛のような日々 寝返りも打てずに年老いた蒼白の ACTORは何を見
Just my imagination 冷めかけた紅茶飲みながら指にからむ糸を遊ばせボサノヴァのリズムで軽快に歩こうパズルのピースは手の中さそうさ Ah- Ah- Ah-先週も俺は違う服で同じ場所に居たさStep by Step あせることなんてないのさCase by Case 笑われたってかまわない数えきれぬ日々の向こうに あいつが待っているからI
Ah ぬぐえない熱情をもて余し夜の河を二人流れてくみたいさAh 場違いな居心地の悪さに慣れたならば下手な踊りでも踊ろうかLust for love 欲望のまま抱き合えばいいTake your time 二度とは来ない夜をまとって何もためらわない 怖れもない 君が居ればたとえ今日が崩れてく 未来(あした)に続いてるとしてもAh 張りつめた糸を少しゆるめて夜の河を二人流れてゆきたいさLust for love
JUMPIN JOHNNYはR&R BAND空っぽベッドで転がすROCK ME(ROCK ME ALL RIGHT)RIGHT NOW!街から街へと流れ歩き得意のナンバー始めりゃROCK ME(ROCK ME ALL RIGHT)RIGHT NOW!どよめきの中枯すれた声で 夜に火をつける絡みつく夢ぬぐいされずに 今もこうしてるハッタリだらけさ R&R
まやかしの恋に溺れ 我を忘れてさ「みっともないね」と誰かに冷やかされ嘘でもいいんだきっと口実が欲しいだけさそれとも言い訳ばかりの 昨日につかれたか?サラサラと音をたて 流れるその髪を気ままな夜のオブジェにしたくない君をのせて 僕の船は雨に濡れた闇をころがる君をのせて 航海に出る約束の場所へ自惚れて明日を見据え また置いてきぼり格好つかずに誰かを 責めてみる仕方がないんだきっと 堂々巡りだからさ溜め
歪んだ煙を見つめながらあてにならない明日を占えばいつもよりは少しマシなはず泣き出しそうな空の下でもI WANNA MAKE IT TONIGHT終わらない夜にYOU HAVE NO NEED TO CRY終わらないメロディーを足早に過ぎてく時間の中増えてゆくのは嘘の数だけ錆ついた夢にもたれながらいらだちを隠せずにいたけどI WANNA MAKE IT TONIGHT終わらない夜にYOU
青く青く 限りない青い 罪無き想い争い 痛み そんな日々さえも包みたまえ遠い昔日(むかし) 遠い未来(あした)信じたい 時間 世界を越えて変わらずに赤く赤く 限りなく赤く 強き想い略奪 破壊 そんな日々さえも許したまえ遠い国で 遠い場所で信じたい 天(そら)のくれたメロディー いつまでもLove is everything to youLove is everything to meAll We need
湖に浮かぶ小舟と 森の木で唱う鳥達頬撫でる優しい風が 栗色の巻き毛を揺らすやがて Sun goes down サンセット Woo....焚火を囲み夜は更け 星空を仰いでみたら流れる Starlight memories Woo.....時間を忘れ廻れ午前0時のMerry-Go-round甘く切ない夜を約束してくれないか夢をのせて廻れ午前0時のMerry-Go-roundオーロラのように俺を残し消え
乾いた街の もう一つの顔は花で飾りたてた 女のようだ誰もがここで 蠢いてあがいている金と名誉だけを求めてためらいがちに ためらいながら振り向かずにはいられないTOKYO CITY NIGHT 乱れ咲き誇るバラのTOKYO CITY NIGHT 色と誘いに満ちたTOKYO CITY NIGHT 傷つけられる程にTOKYO CITY NIGHT 今夜も...時間は止まる 立ち止まらぬ人の中で朝も昼もな
OH, TELL ME BABYWHERE YOU WANNA GOCANT YOU CHANGE YOUR WAY ANYMORE?OH, PLEASE TELL
例えば今宵が 名もなく消えるそれだけの夜だとしても透き通る月の 果てなき灯は注がれて 微笑むだろう壊れかけた 二人の胸にI cried for You, You cried for Me,Dont cry, 不器用な真実の前で眠れない想い抱きしめた夜の数だけ孤独になる (Baby, I miss You)明日を信じ続ける 夢の数だけ輝くはずさStay
慈しまれてきたことは何気ない仕草からでもわかるから その笑顔が曇る事が無いように父を背負った重さが晴れの日じゃない事だけを教えてくれた僕に雨宿りでもしてゆこう道はまだ続くから言葉以上に胸の高鳴りがこの瞬間を鮮やかに彩るから名も無き夜に祈りを捧げようそして歌おう今日を君と居る喜びをJOY OF LIFE届かなかった想いや諦めが教えてくれた答えをその笑顔は全て受け容れているねこの道歩いてゆく言葉以上に
ねぇ本当は誰も ねぇ愛せないと言われて怖がりの キミと出逢い やっとその意味に気づいた傷つく為 今二人 出逢ったなら 悲しすぎるよ心から キミに伝えたいきっとただ本当のキミの姿を求めてまだ不器用に笑うね まだ悲しみが似合うからキミと出逢う為だけに そう 生まれたなら 変えられるかな…心から キミに伝えたい傷つきすぎたけど まだ間に合うよ心から キミを愛してるキミに降る痛みを 拭ってあげたい すべて
夜の終りには雨も遠慮がちな素振りさだけど灰色の日々は容赦なく俺を待ってる何気ない言葉達に傷付いて 自分だけが置き去りにされたよう消えてゆくその一瞬に刻まれるこの胸の痛みだけが眠らない楽園はあるのかい 時代の果てにSad...せめて束の間の Sad…愛をくれないか絵に描いたような退屈が両足にまとわりつく手持ちぶさたの休日は何も解決しないまま君の前で優しさを装って 笑い顔作ってもぎこちない叫べずに闇の
怒りはない 感じる事はないジアゼパムを 喉に流しこんだら SEE ME深い海の底 記憶は途絶えて抜け出せないのさ 最悪の景色は僕を包み込んでいるどこまでも続く 酩酊の闇授けられた命の温度を 君は知っているI DRIFT IN MY OWN WORLD. 自分だけ 一人の世界にI DRIFT IN MY OWN, I
慌てふためいた神経が絡まって道で何度も躓いて切れて流した嫌な汗と涙の河に飛び込んだ出口が無いのではなくて俺は勝手に入口を作っていた祈る他には為す術さえも持っちゃない持ってはなかった“非常事態を回避させてくれ”声が出ない悪夢で叫び注げど尽きない憐憫を割れたグラスに注ぎ続ける戻る振り出しが無いのさ終着駅が無いのと同じに神様だって大忙しだぜ都合のいい願いばかりじゃWoo 焦り過ぎるなよ怠けるなよWoo
憐憫の雨が降りやまず 囚われてた退廃を賛美する 狂気に踊りひび割れたプライドは鏡 映る姿自堕落に甘んじた 正体かもな羽根の生えてる 魔法のハート今ここにある 目の前に憐憫の風が吹き荒れて 囚われてた享楽を持て余す 正気を失くして羽根の生えてる 魔法のビート今ここにある 目の前に全ては GONNA BE ALLRIGHTどん底を蹴ったらお前が DRIVE ME CRAZYどん底を蹴ったならここじゃな
抱えきれずに 手放せもせず大丈夫だと 強がってきた自分が折れりゃ うまくいくんだろう大丈夫だと たかを括ってたただそんな日々が いつまでも続く逃げ出したい 逃げ出せない 逃げられないSUNDAY SUNSHINE 君の心に差すのは輝ける光であるように 祈るよ要はやる気だ 意志と根性無知の乱用 真綿は絞めるただそんな日々が どこまで続く逃げ出したい 逃げ出せない 逃げられないSUNDAY SUNSHINE
差し伸べられたその手を 俺は握り返せずに色眼鏡で眺めていたのさ答え先送りにして 逃亡者を演じてるそんな役ならきっぱり降りるさ涙涸れるまで泣いて 底を蹴ったら350のお前と 夜をぶっとばすのさ嫌な事など 忘れちまうぜ遠くまで もっと 遠くまでただ吹く風に 身体を任せて羽ばたくよ 高く 羽ばたくよ心には翼があるタイムリミット間近で ツケなんてもうきかない悪い夢ならとっとと覚めてよ涙涸れるまで泣いて 底
愛がすべて 今ならそうも思えるさ Baby愛がすべて 今ならそうも思えるさ Baby愛がすべて 今ならそうも思えるさ Baby愛がすべて 今ならそうも思えるさ Baby虚構の道を自惚れては ケセラセラと歩いてた清流に棲まぬ魚と思えば多少は気も楽だから忍び寄る足音は聞こえないさ愛がすべて 今ならそうも思えるさ Baby愛がすべて 今ならそうも思えるさ Baby愛がすべて 今ならそうも思えるさ Baby
交わった光の束 列車は行っちまったよ明けてゆく夜の前で 理性は俺を呼び止めた肩を抱く寂しさはもう静けさへと姿を変えた十字架に今 磔にされ流れる真っ赤な血は 贖いの涙散らかった頭の中 感情の砕けたピース時計だけは冷静に 時間を刻み続けてた肩を抱く寂しさはもう静けさへと姿を変えた十字架に今 磔にされ流れる真っ赤な血は 贖いの涙バラの鎖が縛る手首に滲んだ真っ赤な血は 贖いの涙衣擦れの音だけが耳元を離れな
幻影の城に住み 俺は何も見ちゃなかった若き日の反抗を 美化する時代に軽率さを蔑んで 自惚れを美徳とした深い海の底へと 沈み込む日までドレスの裾を引きずる 空虚な陶酔蹴散らせ黒い影に怯える 逃亡者じゃないから 俺達光の差す方へ たとえ道に迷っても彼方へ 強い風に 吹かれてゆけばいい光の差す方へ 折れた翼を広げて彼方へ 強い風に 吹かれて虚構の街を出る 俺は明日を探して古いしきたりを捨て 扉に鍵かけド
TOKYO CROSS ADDICTION BLUES 砕けた自我のピースTOKYO CROSS ADDICTION BLUES 虚構の楼閣でTOKYO CROSS ADDICTION BLUES 砕けた自我のピースTOKYO CROSS
あの日君にもらった宝物まるで魔法のダンシングシューズギターとスーツケース一個の旅は星の行方を追いかけいつだって どこへだっていつまでも どこまでもいつか君がくれた古い地図行こう だだをこねない車でギターとスーツケース一個の旅は星降る夜をつないでいつだって どこへだっていつまでも どこまでも歌う他に何もできないからせめて君に手渡せるように愛を奏でようささやかだけど君の笑顔が輝くように風に逆らわず 気
誰かを欺き 何かを偽り欲望という名の 列車に乗った夜に躓いて 朝に裏切られ誇りは 恐れに変わっていったこの美しき世界で美しくない命などないからこの素晴らしき世界で一人じゃないことを知る誰かを裁いて 何かを恨んで過去の俺に 囚われていた夜にうなだれて 朝に涙した手放すよ 新しい勇気以外はこの美しき世界で美しくない命などないからこの素晴らしき世界で一人じゃないことを知るWhat a beautiful
堕落を受け入れて 欲望で張り裂けそうな心が悲鳴をあげるその静かな叫びが 聞こえてもどうすることもできずにただうずくまっていたのさ 俺達綺麗事で飾るのは 止めにしよう都合良く すり替えるのは始まりは 終わりから希望は その先に始めれば 始まるさ向き合える 勇気があれば脱ぎ捨てた過去の山に 登り切って見える眺めが地獄絵ではなくてもその美しくない景色 目をそらしてしまいたくてもそらすことができないのさ 
万事オーライ 結果オーライ 行き当たりばったりも悪くない聖書は閉じて 目を開いたら GET YOUR KICKS R16恥の上塗り 所詮言いなり もう机上の空論はいいんじゃない?重箱の隅 つついてないで GET YOUR KICKS R16GOOD OLD TIME R&R SWEET SOUL
君が泣いているみたいな 雨音を聞きながら僕は途方に暮れていた 為す術がなかった馬鹿に付ける薬をくれ 眠りに誘われるようにPLEASE FORGIVE ME, FORGIVE ME, FORGIVE ME.星の川の木の葉のような 小舟の流れ着く岸辺に咲く花の色は滲んでいた人混みの中でさえ まるで一人きりで感情を押し殺す外 僕は知らなかった馬鹿に付ける薬をくれ まどろみを奪われぬようにPLEASE FORGIVE
SAIL DOWN 滲んだ絵具 広がった空を SAIL DOWNFREAK OUT 深い青の色 渦巻いた海で FREAK OUT破綻を来さぬ 予定調和の BALLROOMS 抜けだしたら12月の止まない雨 銀の言葉が二人誘うまま 流されよう 小舟のように闇に閉ざされたままの 茨の道に 光は差す 一筋の光が 導いて行くRAIN SONGSLOW DOWN 最速のマシーン
ねえ、傍に居て 声を聞かせて その指で僕の髪を撫でて何か話して 目を閉じた僕が 眠りに落ちて行くまで夕暮れ時 霧に霞む橋を渡る時憂いや惑いの影は 無言で通り過ぎてく張り過ぎた心の糸は ほどけてくれたよ感傷の甘過ぎる香りに目眩を覚えたねえ、肩を抱いて 優しく笑って 嘘でもいいから約束をして歌を歌って 目を閉じた僕が 眠りに落ちて行くまで拭い去れぬ罪の色は 真っ白を求めてしるべ無き道を進む 時に揺らぎ