四百余州を拳る 十万余騎の敵国難ここに見る 弘安四年夏の頃なんぞ怖れん われに鎌倉男子あり正義式断の名 一喝して世に示す多々良浜辺の戌夷 そは何蒙古勢傲慢無礼もの 倶に天を戴かずいでや進みて忠義に 鍛えし我が腕ここぞ国のため 日本刀を試し見ん
煙も見えず 雲もなく風もおこらず 浪立たず鏡の如き 黄海は曇り染めたり 時の間に空に知られぬ 雷か浪にきらめく 雷光か煙は空を 立ちこめて天つ日影も 色暗し戦い今か 酣に務めつくせる 益良夫の尊き血もて 甲板はから紅に 飾られつ「まだ沈まずや 定遠は」その言の葉は 短かきもみ国を思う 国民の胸にぞ永く 記されむ皇国につくす みいくさの向うところに 敵もなく日の大御旗 うらうらと東のうみを 照らすな
旅順開城約成りて適の将軍ステッセル乃木大将と会見の所はいずこ 水師営庭に一本棗の木弾丸あともいちじるしくくずれ残れる民屋に今ぞ相見る ニ将軍昨日の敵は今日の友語ることばもうちとけて我はたたえつ かの防備かれはたたえつ 我が武勇