淋しい雲 – 森田童子

いつも君のあとから長い影をふんで
いつも君のあとからついてゆきたい

どこへ行くあてもなく ぼくたちは
よく歩いたよネ
夏の街の夕暮れ時は
泣きたいほど淋しくて
ぼくひとりでは とてもやって
ゆけそうもないヨ

君の好きなミセスカーマイケル
ぼくもいいと思うヨ
夏休みが終わったらもう逢えなくなるネ
そうしたら時々 なつかしいミセスの
話をしようヨ
夏の街の夕暮れ時は
泣きたいほど淋しくて
君ひとりでは とてもやって
ゆけそうもないから

どこへ行くあてもなく ぼくたちは
よく歩いたよネ
夏の街の夕暮れ時は
泣きたいほど淋しくて
ぼくひとりでは とてもやって
ゆけそうもないヨ