ぼくが君の思い出になってあげよう – 森田童子

君は いつか
ぼくから離れて
ひとりで
大人に なってゆくのサ
ほんの少し
淋しくても 君は 都会の中で
ひとりで
やってゆけるサ

君が 忘れた
砂ぼこりの風が吹く
この街に
ぼくはいる
淋しかったら
いつでも 帰っておいで
ぼくは
待っていてあげよう

年上のぼくが
淋しいと云ったら
君は このぼくを
笑うかな
さびれたこの街で
もう 若くはない ぼくは
君の
思い出になってあげよう