酔いどれ女が 今夜も一人酒場でグラスを 抱いている 睫を濡らして惚れた男に 生命を預けて流れ流れた夜の川 男はもういない酔いどれ女が ルージュを噛めばさすらい暮らしの 流れ舟 まぶたをくだるよ消えた男にゃ 未練はないが冷たいグラスに故里(ふるさと)が 切なく揺れるのさ酔いどれ女の 行き着く先は知っちゃいないさ 夜鳴鳥 ねぐらもないのに雨に濡れながら 口ずさむ歌は酔いどれ女の流れ歌 巷の風の歌酔いど