永遠の誓い feat. 武井勇輝 – 森本ナムア

宝石みたい、、街がきらめく夜
寝たフリでキミの着信待った

家族やみんな 分かってくれなかった
だから、深夜ふたりでこの街を出た
宝石みたく街がきらめく夜

キミは親の車 バレずに乗ってきた
もう戻れない バカなワタシ、ごめん、、

サイテーなヤツと煙たがられたキミが
不安で泣いてるワタシのお腹を
TATOOの入った手でやさしく撫でた

それは、永遠の誓い
誰も邪魔なんかさせない
それは、永遠の誓い、誓い、
愛を止められなかったふたり…
愛を止められなかったキミと…ワタシ…

誰も認めてくれなかった
今になったら後悔ばっか
周りは俺を悪く言ってる
お陰で社会に貼られたレッテル

自分のせーなのわかってる
気づかないフリで笑ってる
支えになってる君の存在
別になんにも問題無い
気にするな安心しろ
世界を敵に回しても
俺が守るから側にいてよ

それは、永遠の誓い
誰も邪魔なんかさせない
それは、永遠の誓い、誓い、
愛を止められなかったふたり…
愛を止められなかったキミと…ワタシ…

これで終わってもいいよ あなたとふたりなら

夜が明けたら、消えてしまいそう、、
だからキミの手を握り続けたよ

それは、永遠の誓い
誰も邪魔なんかさせない

それは、永遠の誓い
誰も邪魔なんかさせない
それは、永遠の誓い、誓い、
愛を止められなかったふたり…

それは、永遠の誓い
誰も邪魔なんかさせない
それは、永遠の誓い、誓い、
愛を止められなかったふたり…
愛を止められなかったキミと…ワタシ…