フィンガー – 森川美穂

私には愛してる人がいるの…
あなたには通じない言い訳ね

六番目の指のように
ささやく言葉が耳をくすぐる

本当の事なんか言わせないで
飲まされた怪しげな自白剤

だまされない女のまま
生きてゆくことに行き詰ってた

汚れてくみたいなこの感じが たまらない
男と女よりリアルなもの 何もない
昨日までが色褪せて見える
今があまりにも すご過ぎて

思い出すためだけの恋をしてた
自分にも美しさ求めてた

ふいに刺さる逆さ睫毛(まつげ)
一秒だけ心が痛むけど

見知らぬ生き物になってくのが 気持ちいい
心は考えるためだけに あるんじゃない
気がついたら迷わない指が
自分で自分を誘ってる

運河に浮かぶゴミのように
どこかへ流されてゆきたい
愛じゃなくてもいいの

汚れてくみたいなこの感じが たまらない
男と女よりリアルなもの 何もない
見知らぬ生き物になってくのが 気持ちいい
心は考えるためだけに あるんじゃない

気がついたら 止まらない指が
自分で自分を 誘ってる