粉雪が空から 優しく降りてくる手のひらで受け止めた 雪が切ないどこかで見てますか あなたは立ち止まり思い出していますか 空を見上げながら嬉しそうに雪の上を歩くあなたが私には本当に いとおしく見えた今でも覚えている あの日見た雪の白さ初めて触れた唇の温もりも忘れないI still love you.粉雪が私に いくつも降りかかる暖かいあなたの 優しさに似ている楽しそうに話をしてくれたあなたが私には心