もみがら枕の子守唄 – 森光子

日暮れになったらよ 心が寒くってさ
わたしが惚れた 夕やけとんぼ
どこかへ行ったきり
日暮れになったらよ カラスが泣くからよ
七つの子供へ帰っておやり
わたしはいいからさ

早よう寝れや 早よう寝れや
今夜も蒲団を かぶってさ
早よう寝れや 早よう寝れや
もみがら枕の 子守唄

日暮れになったらよ あの頃みたいにさ
桐下駄つっかけ お風呂屋さんに
ふたりで行きたいね
日暮れになったらよ あんたが大好きな
ライスカレーでも こさえてるから
灯りをともしてさ

早よう寝れや 早よう寝れや
ひとりで一杯 ひっかけて
早よう寝れや 早よう寝れや
もみがら枕の 子守唄

早よう寝れや 早よう寝れや
今夜も蒲団を かぶってさ
早よう寝れや 早よう寝れや
もみがら枕の 子守唄