つぶてを 水に放つ波紋が 輪を描き広がるはしゃいだ 子どもたちの声も届かない この場所であぁ、この想いも 痛みさえもねえ どうしてそんなに うつむいて君の こころここに なくてじゃあ どこにある?どうか気づいてくしゃくしゃに書き捨ててきた メッセージつぶてを 水に放つ浮き足立つ声 跳ねる波ゆらめく 陽の光の隔(へだ)てる カエルタチノスミカずっと‥‥ねえ、きっといつか笑顔で 空を見てずっと前から