しゃぼんだま いっぱい どこいくのふんわり ふわーり へやのなかしゃぼんだま いっぱい どこいくのふんわり ふわーり まどのそとしゃぼんだま いっぱい どこいくのふんわり ふわーり そらのうえしゃぼんだま いっぱい どこいくのふんわり ふわーり ゆめのなか
おおきな のっぽの ふるどけいおじいさんの とけいひゃくねん いつも うごいていたごじまんの とけいさおじいさんの うまれた あさにかって きた とけいさいまは もう うごかないその とけいひゃくねん やすまずにチク タク チク タクおじいさんと いっしょにチク タク チク タクいまは もう うごかないその とけいなんでも しってる ふるどけいおじいさんの とけいきれいな はなよめ やってきたその
バナナがいっぽん ありましたあおいみなみの そらのしたこどもがふたりで とりやっこバナナはつるんと とんでったバナナはどこへ いったかなバナナン バナナン バナナことりがいちわ おりましたやしのこかげの すのなかでおそらをみあげた そのときにバナナがつるんと とびこんだはねもないのに ふんわりこバナナン バナナン バナナきみはいったい だれなのさことりがバナナを つつきますこれはたいへん いちだい
どうして おなかが へるのかなけんかを すると へるのかななかよししてても へるもんなかあちゃん かあちゃんおなかと せなかが くっつくぞどうして おなかが へるのかなおやつを たべないと へるのかないくらたべても へるもんなかあちゃん かあちゃんおなかと せなかが くっつくぞ
ごひきのこぶたが ごひきのこぶたがラジオをきくといつも ブーブーうたってチャールストンごひきのこぶたが ごひきのこぶたがじゃれあうとまるで リズムにあわせてチャールストンだって ごひきのこぶたはなかよしでいつも ダンスをするのはチャールストンごひきのこぶたが ごひきのこぶたがけんかをしてもすぐに なかよくなるのチャールストンごひきのこぶたの おなまえはチーこに ヤーちゃん ルーぼうそれに スーちゃ