日傘の蔭 – 森は生きている

傘だけは高くさしたわ
虚ろな目で見詰めても
そうやって 逃げてばかり

その目に映むものなんて
私には興味はないの
どこも 見てやしない

真似して地面を蹴飛ばしたの

子供の世界のように
途方もないことばかり
全部 同じなのね

真似して地面を蹴飛ばしたの
真似して地面を蹴飛ばしたの
真似して地面を蹴飛ばしたの
真似して地面を蹴飛ばしたの