さよならは言えない – 桜田淳子

やさしすぎるあなたが ちょっとだけもの足りなくて
ひとり遠く来たけれど 春の海は人影もない
聞こえるでしょう潮騒が かもめが一羽あそぶ
迷子になってしまう あなたが欲しい
背のびやめて帰ります 許して下さいわがままを

大人じみたあなたが ちょっとだけ物足りなくて
何もいわず来たけれど やはりわたし甘えたくなる
浜辺に残る足跡は 故郷なくしたみたい
砂にあなたときざむ 波が消してく
明日すぐに帰ります 叱ってくださいわがままを

遠く離れ知ったの あなたの強い心を
今、欲しいのあなたに 愛されているそのやすらぎを
両手あふれる愛抱いて あなたの腕に帰る
もう離れられないわ あなたとわたし
生まれかわり帰ります やさしいほほえみをもう一度

コメントを残す