午前二時の窓に 映る流れ星に異国の地 彷徨うだけ 夜汽車は走る雪もとまる白夜 動かないオーロラ溢れだす涙さえも 信じられなくて透明に輝く“罪と罰”は 哀しいほど嬉しいねやりきれない 答えがない あなたがいない透明に輝く“罪と罰”は 真冬の乙女座の様冷たく閉じてる心 打ち明けて ルセフォネ浅く深い眠り 醒めれば見つかるの?音も無い 光も無い 誰ひとりいない幻想さえ遠い 残酪な過ち一度だけ ねぇ一度だ