なんにも感じないでいられるはずはない想いは隠しきれず溢れるものなのだぞどんな理由があっても奪ってはいけないモノ誰にでもあること、当たり前だと抱きしめたら感じるのだ、命の暖かさをな誰もが同じ『人』の暖かさなのだ忘れないでいれば奪う事などできないはずだだから何度もハグするのだなんにも抱えないでいられるはずはない心は無くすことのできないものなのだぞどんな痛みを知っても奪ってはいけないのだ喜び哀しみも、生