このまま 宇宙(そら)を 見上げて ふたりでいたい孤独な星も寄添い 互いを照らしている (Finale) あなたに (Finale)抱きしめてね その手で (Finale)あなたに (Finale)永遠とか信じないけど この愛がいつか終りを告げることを 忘れたいの… 車を止めて歩いた いつか来た海寄せてはかえす波間に 二人の愛 流した (Finale) いつかは finaleはなさないで その手を (F
ダンス ダンス ダンスダンス ダンス ダンスいかした リズムで ステップ 踏めば時間の流れも 止まってしまうすべてをまかせてムードに酔いなよあとは 二人で 夢の中ダンス ダンス ダンス Yesダンス ダンス ダンス Yesダンス ダンス ダンス Yesダンス ダンス ダンス Yes からめた腕を はなすんじゃないぜ夜空の彼方へ 連れて行くからあそびのつもりが本気になっても後で泣いたりしないだろダンス ダンス
涙なんかこぼしちゃって おばかさんだねもしも もしものお話じゃないか誰よりも 君のこと 大好きだから何かを 君に 残したいのさ 僕の話し方 僕の笑い声ひとつひとつのほんの小さな癖も君に覚えていて欲しい もしも 僕が 君より 先に この世をさよならしても 泣かないでおくれ誰よりも 君のこと 大好きだから僕も 君を 忘れないよ 風がそっと 木の葉たちを ゆするように君のところへ 時にはもどりたい誰よりも 君
心と心 心と心を?通いあわせる すてきな BODY TALKS二人の心 二人の心が?ひとつになれば すてきな パラダイス言葉はいらない リズムにあわせて吐き出せ 吐息を 熱く! 熱く!そう 言葉はいらないいつでもどこでも 誰でも!みんな 愛しあえるから生まれたままの気持ちで夢の世界に入れば すべてが輝き 踊り出すみんな 愛しあえるから (Happy Body Talks)生まれたままの気持ちで!! あなた
私は疲れた 旅人になってとあるクラブに迷いこんだそこは不思議な安らぎの霧なつかしき思い 胸にこみあげ私はとめどなく 涙するJitterbug ひとりじゃ踊れないJitterbug 心を寄りそわせJitterbug 踏み出せステップをJitterbug Jitterbug Jitterbug 時間(とき)の流れは 止められないけどきっと 誰かが 踊り伝えるそれは 命の 脈流に似てすばらしき夢は 絶える
あなたに届けたい 寄り道しないで胸の奥に隠した 誰も知らない秘密打明けられない 恋の悩み花びらちぎり 行方 占う 雨上がりの空には 虹のアーチが架かり上手くいきそうな 恋の予感偶然でもいい あなたにあえたら ふたりで旅したい ロマンスフライトで青い海原 常夏の島そこはパラダイス!あなたに届けたい 寄り道しないで甘いハートを 熱いハートをどうぞ 強く 抱きしめてね 夢に出てくるあなた いつも背中を向けて追
いい天気の日は ベランダで居眠りゆーうつな雨の日は ベッドに潜(もぐ)りこむI wanna be free I wanna be freeシャラララ Live for today!きらいな奴とは 遊ばないスキな仲間とダベるだけ あきたら又明日わたしは自由に生きるの 誰にもじゃまされずに! もう子供じゃない いいかげんたのむねひとりで決めさせて 自分のことぐらいI wanna be free I wanna be
キューンキューン キューンキューン私の彼はパイロットキラリ輝って 急降下ゴーと噴かして 急上昇長く尾を引く 飛行機雲で大きなハートが 重ねて二つ青い大空 ラブサインI Love YouYou Love Me ?だけど彼ったら わたしより自分の飛行機にお熱なのキューンキューン キューンキューン私の彼はパイロット キューンキューン キューンキューン私の彼はパイロット今日も一人で 空の上いつも私は 見上げてるポッカ
茜に染る カフェテラスターキッシュ珈琲の香りに乗ってタンゴのリズムが 物憂げに一人寂しくステップ踏めばわたしの心に風が吹くこのままあなたが来ないなら今夜は誰かと踊ろかなシルバームーン・レッドムーン冷たいあなたは 上海ダンディジタンの煙が目にしみる 夜が泣かせるジプシーバイオリンワインのボトルとグラスが二つ燃える想いも やるせなく一人寂しく乾杯すれば 小さな炎が風に舞うこのままあなたが来ないなら今夜は
いじわるな霧雨がまつげに止まっている風に舞うアンブレラ少しも役立たない 耳たぶにつけたパフュームが香り出す 濡れたアスファルトハミングしながらスタジオへと急ぐ髪をコームしてピアスを直して微笑みの練習 「おはよう!」と見つめられてハートがときめいている大切なラヴソングあなたのために歌おう マイクを握った指先がふるえてる 妹の役を上手に演じて気のない振りしてたギターを弾いてるあなたの横顔涙でぼやけてく 初恋の甘い
バスルームで ペンギン飼ってるのここでいいわ 部屋の中びしょ濡れよ ドアにもたれ ぼう然としているあなたのこと かわいいナと思った なぜ みんなは急いで大人になりたがるの私はみつけたいの夢に見る BE MY BABY 言葉にならないFeeling瞳で確かめ合うのふたりの始まりは今 wow魔法のムードをKeeping困ってくれてよかった私を好きになったら もっと大変よ BABY! 少し溶けた モカ・エクレアの箱渡
「恋」みたいな感じ 抱きしめているこの気持ちのぜんぶであなたが好き ほんとに好き大事に想ってる「恋」みたいな風に 誘われながらオトナに近付くのねきらめいてる 微笑んでるふたりの未来は あなたの笑顔みるたびわざと意地悪しちゃうの陽の当たる教室の片隅 (Chu ru ru-ru) 白いノートのペイジにちいさくその名を書いてゴメンねと何度もつぶやいただけど…… 乙女ゴコロは魔訶不思議素直になれないのはなぜもっとじ
Chase! Chase Your Dream!君と夢を抱きしめてどこまでも走りつづけよう ユーアーマイ ナビゲーター雲の谷間を抜けて走ろうひとり過ごした 時間の長さをAh 忘れて 今はもうSo 君がいたから ぬけだせた苦しみの中から Fly To The Sky!君と夢を抱きしめてどこまでも走りつづけよう風を受けとめ はばたくきのうの涙に 今グッバイひとり窓辺で 冬の街ながめAh 切なさ つのらせたでも 君がいる
バッキューンとHip Pop 網タイよ 最高花柄のブラはどこじゃ?ゴメン チケットあと一枚Let’s start the SHOW TIMERock’n Doll 「ピンスポ OK お時間です」待って呼びに来た ADはピエロ悩ましくウインクしたらTurn light on, SHOW TIME!Rock’n Doll すべてをさらけ出せ 笑顔を味方にして ジャンケン グーなんて 運いい 席
耳たぶまで 熱くなるほどナゼか 憂鬱今日は電話にも出ないでビスケットにされた小麦に同情したりなのに ムシャムシャと食べてみたり フロイド先生 本の中からこの部屋に来て私の深層心理をのぞきこんでよ……怖い 裸足のまま ベッドを降りて見てる タワー雲の羽つけたオブジェねカナシィーとか 思う感じに似ているけれど今の自分から逃げ出したい あなたのお髭が もし触っても怒らないからスルドいお言葉でどうぞ分析をしてこ
Yes to you 透きとおるわたし アイス キューブNon to you その気なら冷たくしてあげる シーサイド・パーティ あなた今も見てるDJ 曲を変えて 息が止まりそうよ Yes to you 隣にはあなた 愛す 誰かNon to you そんな事関係ないじゃない もう グラスなんて 持って迷わないでもしも オトナびてる彼女 恋人でも チャンスは一度だけ 今夜で夏はおしまい溶けて溶けて溶けて あなたと消えたいの Y
偶然(ラッキー) ちょっと 幸福(ハッピー)留守デン聞いたよ偶然(ラッキー) ちょっと 幸福(ハッピー)ひさしぶりだよね なんだ…いないのかって ひとことだけ会いたいと素直に 言う君じゃないけれど 明日(ナゼか) 晴れそうな感じがした君が(君が) 大切だって思えた今夜(街を) クロールで泳いでゆこうでもね(好きさ) なんて時が……来るかも CAN BE ちゃんと 幸福(ハッピー)ポイント集めてCAN BE 
さばくへ行くジェット 不時着した日さまよい疲れて 瞳とじたら 青いみずうみが あらわれて飛び跳ねたサカナが 謎をかけたよ さあ 用意はいいかい (こころが望むままに)時が満ちたらすぐそばに行くから (あなたに会いに行くよ)抱きしめて 強く さばくの蜃気楼 忘れかけてた都会の暮らしで 眠れない夜 青い睡蓮が咲いているみずうみがTAXIのミラーに映る 夢の中のように (光りが誘う方へ)手をのばしたら吸い込まれて
波の音が 聞こえた気がするあなたに会えない 夜明けの部屋で過ぎ去った 夏に帰りたいおもいきり 甘えてみたい9月の空 なぜか淋しくてサファイア色の 涙にゆれてる たりないものは ハートの半分部屋のどこかに 落ちてるかしらかざりましょう かきかけの笑顔いつまでも 見つめているわ9月の雨 とても優しくて私の部屋に そっと子守歌
瞬間 お日さま 輝いた瞬間 夕立雲瞬間 どしゃ降り 天バツの空模様瞬間 わたしがふり向いた瞬間 あなたが Goodbye瞬間 サカサマ 最悪の片想い たしかに イジワルしたわ歩道橋 おんぶしてなんてやさしさ包みこむ体重あなたはジム通い 今じゃ WOW!! とりあえずカッコつけて 手を振ったメチャメチャ反省してひとり 泣いた瞬間 お日さま 輝いた瞬間 夕立雲瞬間 どしゃ降り 天バツの空模様瞬間 わたしが
あれからずっと会ってないけど元気そうね宅急便の送り主みてうれしかった ダンボールいっぱいの 宝物はそよ風の匂いと どんぐりたち あの樫(かし)の木が まだあるなんてうそみたいよクラス会には ゴメン 今年も行けないけど みんなの顔を見て 話したいなどんぐりを拾った 丘のうえで 寝ぼうした日も あのプランター外に出して朝の陽射しを吸いこみながら伸びをするの かわいい芽が出たら 写真撮って送るつもりだから 待って
この宇宙 1番不思議な事 なぁに?それは わたしがあなたを見て泣いちゃうくらい 今うれしい事 月じゃない 星じゃない 輝くのはSOLE(ソレ)じゃない ALE(アレ)じゃない あなたの愛(Amor) こわれてた時計がチクタク踊りだす見つめ返したあなたの瞳(め)にテレくさいけど ほらほほえむから 鳥じゃない 風じゃない はばたくのはSOLE(ソレ)じゃない ALE(アレ)じゃない 不思議な愛 月じゃない 星
RADIOから 流れてきた 歌に忘れてた 物語(ストーリー) 突然 OVERLAP真夜中に 愛車(くるま)を 走らせてあの夏に帰ろう 今すぐに I GET BACK! きみもおいで 語り明かそう 今夜あの日と同じ 胸をわくわくさせてね KISS! 懐かしい響き KISS! 今でもTRY! 飛び出せるから TRY! パラダイスCRY! 泣いてもいいよね CRY! 肩寄せSMILE! 涙の後に SMILE! 
天国はそこにあります 太陽と月の眠る山いくつもの道の終りに コンドル飛びかう谷がある 誰が決めたのか知らない やさしさにだまされないでね最後まで生き残れたら すべてのカラクリに気付ける 積木を積み重ねる 生き方なんか似合わないよ明日は明日のこと 昨日は昨日のこと 風吹くまま 生まれたままで~ 青い月のその光浴びて踊れば~ 生きる力湧いてくるいつか失くした夢 よみがえる 誰かに教えられたこと 疑うことも必要
哀しすぎる夜は ひとりの部屋 闇の中でラジオのボリゥムを うるさいほど 高くして聴く切なすぎる恋は 間違えたら喜劇になる情熱のメロディ 涙誘う アフリカーナ 手をのばせば とどきそうなしあわせなんか 見向きもしないと気取る 遠く 見つめてる ライオンあこがれてたはるか キリマンジャロへ 心は飛んでいたきみを 抱きしめて 優しく愛したいといつも 思っていたよ 叶わぬ夢だから なおさらに 枯れ草の匂いが よ
生まれる前の記憶を僕は思い出せないけれども不思議な気持ち 君をはじめて見た時 懐かしくて… 白い月の夜 舟を出す 海に落ちる星をひろいあげる為に風の強い夜 そばにいて 好きな話するよ 君が眠る前に 旅に出ても 忘れないからいつまでもかわらないで 君はそのまま 生まれる前の記憶を僕は思い出せないけれども不思議な気持ち 君をはじめて見た時 懐かしくて… 地図にない島を目指そうよ 星をさがすように 長い月日かけ
ひとりでいるのも 決して退屈じゃない 秋の午後木の葉のささやき 小鳥の歌をきけば…昔 忘れてきたものを 思い出して哀しくなるよ泣いていたら 気付かないね夕暮に そっと吹いた やさしい風を 寄りそうだけなら 傷つけあうことなど ないけれどお互いのことを 引き寄せたくなるから…走り続けてきた日々を 忘れ そっと眠るのもいい風に吹かれてただひとり旅に出てみてもいいね 目的(ゆくあて)もなく 自由 あこがれて
誰も知らない 空の向こうに きっと待ってる夢の世界がぼくにおしえて 君の願いを 星のふる夜 必ず祈るから森を駆けぬけ 泉で のどうるおしナイフで刻む イニシャルは 残る遺跡にとどかぬ想いを追いかけて 胸にしみるよ 澄み渡る空の青いくつも 時代を乗り越えて 伝わる謎 さがしもとめて明日も 人はさまよう カトマンドウ 気付かなかった そばにいるのに 君がこんなに大切だったとは何もいらない 君がいてくれた
夜更けに目ざめて おなかがすいたとき足音 しのばせ 冷蔵庫 開けたら 不思議世界への道が 手まねきしていたパジャマのまま出かけよう 知らない国の物語さがす旅 冒険のスパイスは 勇気味(あじ) ひとつまみ友情のスパイスは 約束 守ることだけ世界中さがしても 真実はひとつだけ君だけが 君だけが 本当の僕の心の宝石 夜明けに またたく 星空見上げたらなぜだか 涙が 訳もなくこぼれた それは昔の出来事 思い出して
Get me up! 頑張れるはず 魔法の力 手に入れたからどこまでも頑張れるはず愛という名の光があふれる明日をリアライズ カオスな気持ち 胸に抱きしめてありふれている日々を過ごしてたよ笑いあったり 泣いたりしながらいつも真実を捜してたけど トパーズの風が吹いたとき変わりだす私を感じたほんとうに大切なことはありのまま生きてゆくことね Get me up! 輝けるはず夢のカードをいま握りしめいつだって輝けるはず心の