オレンジ色に染まる 夕暮れの公園弾むような子供らの声が「明日また遊ぼうね」って 遠ざかってゆく“裏切り”も“失望”も“孤独”も“不安”もなく美しい未来を信じてるよ恨めしいまでの無邪気さで今日に手を振ってる懐かしい匂いの蒼い風が胸を吹き抜けるふと寂しくなったり 虚しくなったり繰り返して今日も僕は生きてるこの町ですれ違う 名も知らぬ人よ君に明日は輝いて見えてるかい?首からさげた金色のメダル仲間たちに讃