愛知県名古屋市立宮中学校校歌 — 校歌

朝日さす 高岡の上(え)に 高々と
赫(かがよ)ひ日薫(かほ)る 花の若桐
男児(をのこ)らよ 眉揚(あ)げてゆけ 若桐の
花の面影 額(ひたひ)にかざし
男児(をのこ)純真 夢また香る

笹の葉に 降りおく雪の 清浄(しやうじやう)な
心貞(こころみさを)よ ことのしづけさ
乙女(をとめ)らよ 眉揚げてゆけ 若竹の
みさをの光 胸高々と
円鮎眼(つぶらあゆめ)の 明星かがやく

うす紅(べに)に 葉はいちはやく もえいでて
咲かむとすなり 山ざくら花
天地(あめつち)の めぐみゆたかに 咲きさかる
ちえの花園 宮中斎場(ゆには)
春日うららに 陽炎(かげろう)もゆる