朝は朝露 ふみしめて<ららん ららん>仰ぐ 北上諸速峯ららん ららん 夕べは西に 駒ヶ岳望む幸福 わが郷土江刺 江刺 江刺第一中学校智力 体力 みなともに<ららん ららん> 磨く 母なる大自然ららん ららん 北上川も 悠久に夢は伸びゆく 全世界江刺 江刺 江刺第一中学校窓を開けば 稲穂田に<ららん ららん> ひかる鉄塔 送電線ららん ららん 近代科学 とりいれて育つ産土 わが郷土江刺 江刺 江刺第
東海道 杖衝坂のほど近く 足見・内部のさやかなる 流れささやくああここに つどえるわれら誇りある 歴史拓(ひら)かん内部中学 光あれ沈む陽の 赤き鈴鹿嶺日に三たび ふかく思いてわが正義 燃えたたしめよああここに こころ合わせてうるわしき 友情導かん内部中学 力あれ風きよき この山川のはるの野に 秋の枯生(かれふ)に青春の いのちかがやくああここに 歓喜(よろこび)にみち大いなる 歌ごえあげん内部中
山なみはるか かがやきて石狩の野は 明けわたる聞け 開拓の鍬の音いま 新しく若きいのちを 呼び起こすわがゆく道は遠けれど仰ぐひとみに 雲流る若き日の力 あゝ湧けり流るゝ雲に 茜さし学びの庭の はな開く聞け 吹きわたる風の音いま ふくよかに若きこゝろを ふるわせるわがゆく道は遠けれど仰ぐひとみに 星光る若き日の望み あゝ燃えり星かげ光る 雪野原いろどりそえて 虹を呼ぶ聞け うたいゆく川の音いま きよ
さわやかな朝日をあびて手をつなぐ学びの庭よ若人の歌声高くこだまする山脈遠き経が峰ああ西橋内 その名たたえんはてしなき希望にもえていそしまん学びの友よ水清く流れてやまぬ姿こそ心の教え安濃川ああ西橋内 その名たたえんとこしえに平和な国をうちたてん固き誓いを風かおる古城の森の空高く雲にもとどけわが理想ああ西橋内 その名たたえん
月清き川の市街地 岩谷堂げに 星かげにいらか並べて 美わしし わが産土の街その中学の生徒ぞわれら 学ばん日はきらら南をうけて 向山げに 千町田の稔りもゆたに 照り映ゆる わが母校の丘その中学の生徒ぞわれら 励まん先人と自然の恵み 浴しつつげに 咲く花の万朶の香り 満ち充てる わが文化の街その中学の生徒ぞわれら 進まん駒ケ岳栗駒山も 仰ぎつつげに 学徳の深き求めて 登りゆく わが光明寺坂その中学の生
金甲連山見はるかす友のひとみの追うは何選ばれ集う向学の誇りは常に我にあり岡山中学高等学校箕島の里の大空をさして希望の鳩が翔ぶ己を鍛えまた磨き敢為のこころ育くまん岡山中学高等学校春秋六年この丘の道のゆくてに待つは何風吹かば吹け蛍雪の誓いは日日に新たなり岡山中学高等学校
大空に風はかがやきひろびろし紫波町われらはここに育ちここに学ぶ紫波一中 紫波一中文化よ興れ潮をなして蒼雲に山は抜き立ちうるわしき紫波町われらはここに学びここに鍛う紫波一中 紫波一中健康つねに心を正す北上の古き流れも若々し紫波町われらはここに鍛えここに築く紫波一中 紫波一中世界に香れ勤労と共に
大いなるかな岩手山厳かにして天を抜き雲をさえぎり眼交にそそり聳えてゆるぎなしはるかなるかな松川の清らかににして裾野行き丘をめぐりて南に光り流れてよどみなし美し山河のただ中に甍並べて比いなき威容整う学び舎の窓は明るく庭廣し高き望みてよじ登り清き求めて我が友よ風雪しのぎ色更えぬ松の心を学びなん
桜花(さくら)萌ゆるあおの連山(やま)瑞気(ずいき)ただよう朝ぼらけこのよき郷土(さと)の学び舎(や)で集いし健児乙女子(けんじおとめご)の培わむ哉 われらが自律心(こころ)緑したたるあおの連山(やま)銀鱗(ぎんりん)おどる長田川このよき郷土の学び舎で三年(みとせ)を盟(ちか)う若人の養わむ哉 われらが友情錦織りなすあおの連山(やま)黄金(こがね)波打つ稔りありこのよき郷土の学び舎で熱血たぎる伊山
溢れる命ははるかな空へ高鳴る心は理想に燃えるああ 友よすこやかな青春の歓びを歌おう常磐なる若い緑の歌を大地に深く根ざしながら新しい明日を誓い合う花薫る夜明けのために輝く瞳ははるかな空へみなぎる力は未来を拓くああ 友よすばらしい青春の歓びを歌おう常磐なる若い緑の歌を
晴れわたる空 視線をのばすとあたらしく湧(わ)いてくる光考える力をもって学びとる勇気をもって若い時間は かがやきを増すこころと体に誇りを満たしわれらの岡山中央中学校岡山の街 藩学校跡(あと)いつまでも伝わる歴史分かっている 肩を組みたがいに歌う理想の熱さ未来へむけて吹く風清く夢は果てなく広がっていくわれらの岡山中央中学校
朝日かがやく若杉のみねに希望の雲がわく学べ正しくすこやかに光れよ未来このえいちああ我ら篠栗 篠栗中学校川は金出水きよく杉と桜の影うつす若き抱負もつつましくみがけよ智徳この理想ああ我ら篠栗 篠栗中学校みのりゆたけきささぐりの古き歴史をしのばずやかおる文化にたくましく栄よ郷土この誇りああ我ら篠栗 篠栗中学校
真紅にくるめく 日輪にらみ飛び立つ若鷹 われらの姿技あり 夢あり 花巻くところ舞いくる花びら 双手にうけていざ いざ 南城 ひかりに歩まん千古の北上 青春つきずすがしき流れは われらの生命意気あり 汗あり 花巻くところみどりの松風 心をあらいいざ いざ 南城 ちからに歩まん賢活の聖なる 精神継ぎて肩組む笑顔は われらの誇り友あり 道あり 花巻くところそびゆる早池峰 青雲のぞみいざ いざ 南城 正し
あした晴れゆく金甲山の峰にはつらつ雲輝いて学びの喜び日ごとにつきず光南台 光南台その名も希望の我らの母校よせる児島の虹を浴びて未来指さす瞳は若し誠の友がき組む手は固く光南台 光南台その名も清らか我らの母校つばさそろえてはばたきかわす雨にも風にも負けない力きたえて心も身もすこやかに光南台 光南台その名もたのもし我らの母校
大らかに広がる 空のかなたさわやかにひびく 目覚めの歌に萌え初(そ)める生命(いのち)たちの 若いきらめきああ友よ 心あわせて翔びたとう現在(ここ)より はるか未来へと現在より はるか未来へと誇らしく 理想の眉をあげてあたらしく拓く 希望の道にすこやかな生命たちの 若いよろこびああ友よ 力のかぎり翔びたとう現在より はるか未来へと現在より はるか未来へと風めぐる しでの大地に清らかな 米洗(よない
瀬戸の潮風 鷲羽を越えてわれらの児島 児島中学あすを見る そのひとみ清く輝く桜が丘 ああ 叡智の丘に向学の日々はたくましポプラの緑 窓べにはえてわれらの児島 児島中学友を呼ぶ その声は明るく澄みて桜が丘 ああ 希望の丘に友愛のはなはうるわし紺碧の空 高く仰ぎてわれらの児島 児島中学大地踏む そのからだ強くりりしく桜が丘 ああ 気はくの丘に闘魂の力尽きまじ
ピヤシリの 山脈はれて明るい心 はずませ眉あげる 我等理想を求め 前へ進もう使命うけて たくましく拓けゆく 天塩のほとりかがやく歴史 つみあげ肩くんで行こう歌声高く 空になびかせ若い力 限りなく新しい文化を創り平和を誓う礎うちたてる我等 光となって行くて 示そう名寄東中学校
流れつきせぬ旭川せせらぎ清く めぐらしてまなぶ御津中 わが母校はずむいのちのはつらつとめざすよ 愛と知恵の道夢よぶ山々 朝夕にぼくらの心 はぐくんでまなぶ御津中 わが母校日々あたらしく すこやかにのばすよ 身をも心をもかわすほほえみ幸多くはげむわたしら 手をとってまなぶ御津中 わが母校正しくつよくと願いつつきずくよ 自主の理想像
神域雲晴れて松風清く 深山杉影深く露輝けりあゝ新しき日は昇る 我等こぞりて学び知る正しき心 今こそ立て 世界の前に栄えある伊勢に名を誇る 我が倉田山中学校友情春秋の花と競えば 桜咲き稲実り空澄み亘るあゝ国興るその力 我等誓いて五十鈴川常世の波の 満ち溢るる希望は若し栄えある伊勢に名を誇る 我が倉田山中学校
友よ語ろう あの海のことを晴れた日も 霧の日もまた雪の日もいつも語りかけてくる雄々しい波 優しい波見わたせば 空の牧場 雲の羊そのはてに水平線は光る 未来のように友よ語ろう あの海のことを友よ語ろう あの花のことを晴れた日も 霧の日もまた雪の日もいつも心にうかぶ雄々しい花 やさしい花ほほえんで 冬を忍び 風に耐えていつの日かエゾヤマザクラは咲く 希望のように友よ語ろう あの花のことをああ ふりかえ
明日はいつも新しいだからみんなで生きてゆく垂水の山にいだかれて歴史を創る若人のひびけ歌声よ 南が丘中学校明日は希望に満ちているだからみんなで駆けてゆく潮風うけて丘に立ち理想をかかげる若人のひびけ歌声よ 南が丘中学校明日は世界を拓くときだからみんなで求めゆく広がる海と空のもと真理を学ぶ若人のひびけ歌声よ 南が丘中学校
光あふれ よろこびみちるうたおうよ 美しい山脈たゝえよ 文化の栄える土地に誇りもたかく そびえる学舎東水沢 東水沢われらの母校われらの夢 世界にひらくうたおうよ 北上は流れるたゝえよ われらを守り育てる誇りもたかく そびえる学舎東水沢 東水沢われらの母校理想かゝげ 手と手をとってうたおうよ あしたのしあわせをたゝえよ われらのこの手が築く誇りもたかく そびえる学舎東水沢 東水沢われらの母校
朝明けわたる 春湖の岱に新しい風は生まれ ここに集う風波光る 太平洋の彼方へと希望を広げ ここに学ぶ高め合う理想 求め行く真実若い心に みなぎる勇気よ誇りよ 歓びよ夕焼け映える 市の未来の栄えを築く 力湧き上がるこの庭に育つ 生命燃やす者よおお 我等我等が 釧路幣舞中学校
遠き歴史を 語り継ぐ流れの郷の われらは 若木この和ましき ふるさとにいのち繁らす 大樹になろう地にみどり ひろき空希望の雲湧く わが花泉中学校さ霧かがよう 金流のほとりの校舎 息吹あたらしみずから 学ぶこころざし高きをめざし 羽ばたこうさわやかに 風がふく明るき 学び舎 わが花泉中学校嘉永の松は 時代を伝え須川の嶺は 気高き標あこがれ遙か 仰ぎみて大きく夢を ひろげよう青春に 光あれ未来ゆたかな
朝タに阿寒の山を仰ぎつつわれらは学ぶ おたのしけ若きよろこび いざともにペガソスのようにたくましく自由の空を翔けめぐるおお 大楽毛 中学校より高き知性の玉を磨きつつ真理の泉 掘る友よ若きひとみも はつらつと丹頂のように 美しく理想の虹を今えがくおお 大楽毛 中学校遥かなる太平洋を望みつつ三とせを集う おたのしけ若き生命も 健やかに北極星の空の下世界の友と 手をつなぐおお 大楽毛 中学校
大空高くそびえ立つ 笠置の山は雲はれてこの新たなる世にあえる 高き理想の学び舎に自由の光輝けり紫におう明の空 向上の意気いやまして遙かに仰ぐ龍王の 峯をもしのぐ愛智こそ気負う我等が誇りなれ水嵩豊けき遠賀川 目指す港は遠くとも不断の流れ淀みなく 不撓不屈の努力こそ勇む我等が誉なれ栄光期する若人の 行途は遠く道けわし新日本の建設を 担う吾等が双肩に親和の徳は輝けり
蓬莱山 日に新しきみ光に 聳ゆるところ百鳥の 夢も清しく天地の 眞理究めて香ぐはしき 吾が世築かんああ母校 猿澤中學砂鐵川 水清らかに深々と 潤ほすところ八千草の 靡き合ひつつおのがじし 業を勵みて安らけき 吾が世築かんああ母校 猿澤中學猿澤の 名も古る池に遠き日の 賑はひ偲ぶ驛路の 此處に 彼處に盡くるなき 富を開きて豊かなる 吾が世築かんああ母校 猿澤中學
旭日(あさひ)ににおう桜花(さくらばな)其芽(そのめ)大地の深きより出でて貫く花崗石(みかげいし)郷(さと)の名所(などころ)青春の意気をかたどるうれしさよ見よ金剛の不壊(ふえ)の念神と祖国と人道の三つに仕えて怠らず日々につとめて光栄を期する一団若き友大沢川原もとをおくわが中学の同じ窓希望(のぞみ)の光身に浴びて心ひとしくすこやかに高き遠きにあこがるる無言のさとし朝夕に七千尺の岩手山(いわてやま)
秀麗仰ぐ帆柱の 山むらさきに澄むところ希望は高く眉清く 蛍雪ひたにはげむものその名ぞ沖田中学に ああ向学の意気は鳴る熊野の森のみどり濃く 金山川の行くところ心もさやに健やかに 知徳を珠と磨くものその名ぞ沖田中学に ああ友愛の花は咲く野添の丘に夢やどり 歴史の声の呼ぶところ応えて起ちて後継ぎて 郷土の明日を担うものその名ぞ沖田中学に ああ躍進の歌は湧く
室根の山の 早わらびに若いちからの 春萌えて丘をいろどる 山吹の花も 光を 呼ぶところ大原中学 薫るまなびや砂鉄の川に ほとばしる水は日毎に 新しく風に鍛えて われらまた共に手を取り はげむとき真実の星あり 道に輝く真澄のかがみ 晴れる空雪の高嶺に 自主を見て越える峠の 果て遠く明日を求める 夢三年大原中学 その名うるわし