心の中の猫 – 柴田聡子

田舎の山を下って
港の見える丘まで
窓の外の青空は
隠しても眩しかった

ただいまとドアを開け
床たたくマシュマロが
お互い気が向いた時に
なついたりほころんだり

聞こえないはずなのに
聞こえた気がするような

日差しの中で声のかぎりを聞かせてほしい
猿になっても 雉になっても
きっとわかるから

さびしむし楽しむし
腹に乗る膝に乗る
風呂のふたに寝そべる
心の中 猫が居る

寒い足指先に
さわった気がするような

光の中できみの鳴き声聞かせてほしい
いつになっても 灰になっても
きっとわかるから

まだ枯れそうもない恋しさに返事してほしい
ニャーでいいから それでいいから
返事してほしい