いつの間にか私は 愛の行方さえも見失っていた事に気付きもしないで振り向けば やすらぎがあって見守る瞳があった事をサヨナラの時の中でやっと気付くなんて長い長い坂道を 今登ってゆく好きだった海のささやきが今は心にしみるよみがえる午後のやすらぎも白いページの中に優しいはずの声が 悲しい糸をひいて許しあえた短さを 遠くで響かせる色あせてゆくものにやさしさを帰してみても過ぎ去った日々の前ではもうさめた振舞ね