(Pa ru ra ri ru ra… Love Me More, Love Me More!)ナニガホシイ? ナニガシタイ? 聞かなきゃわからないの?コレガニアウ! ココニイコウ! 聞かずに決めないでよ風が吹けば 雲も流れ
寒い夜を溶かす 街の灯り揺れてる冷たい冬の風が 二人の距離を 今日も 近づけてくひとりの夜に 寂しくなって 不安で 眠れない日もあるだけど 僕は どんな時でも 誰より キミを想うよ そう真っ白な粉雪 降り注いでゆく柔らかいぬくもりを ずっと 忘れたくない未来は 目に見えないけど それでも信じてるよ 想いを伝えるから果てしない夜をこえて いつもそばにボクはいる変わりゆく季節を あてもなく過ごしてた今
今日もいつもと同じ朝 見慣れた街 すり抜けて変わりたいって願ってるだけで 一日が過ぎてく小さな花にさえも 心奪われてたあの頃そんな気持ちでほら もう一度この世界を見つめたい風の歌を 空の色を その全てを抱きしめたらきっと僕らは自由になるよ 高く飛ぶ鳥のようにどんな過去も どんな今日も 広い愛で包んだから光り輝く明日(あした)になるよさあ ドアを開けよう強いつもりで過ごしてた だけど何もできなくてま
雨が鼓動奏でる 心に飛び散る 刹那を紡ぐ調べ愛情 熱情 感情 すべて 無垢な本能に踊る純愛ズムねぇ 冷たい日差しは 嘘つきな笑顔 涙で暖めましょうそぅ 指先で知るわ 気持ちの温度は 脆さも儚さも降り注ぐ雨が孤独溶解(とか)して 心に溢れて 暖流が流れ込む純情 激情 切情 すべて セキトメナイデ甘い囁きの中 濡れ色に染まり あなたと現(うつつ)描く倫理 心理 泳ぎながら 狂おしい波に揺れる純愛ズムあ
every time, everywhere Well be there 遥か遠い道へevery night, everyday I will wait どんな辛い時もためらいながら 膝を抱えて うつむかないで 歩き出そうよポケットの中 詰め込んだ夢 弾ける程に 空に投げたら信じたい明日はそこにある 今すぐ その手広げたらI will be いつも 振り向けば そこにたくさんの心 微笑んで支えて
絶え間なく 降り注ぐ雨のようにいつまでも 涙溢れたらいいな雨上がりに 虹が架かり色付けるそんな風に なれたらいいね何のために?誰の為?咲き誇る?どこへ行き 何をする事もなく今朝もひまわりは 太陽に向かって両手を広げ笑ってた あぁ途切れた日々を最後まで繋げるように そう明日に続く この道走り抜けて 諦めないで吹き荒ぶ 風と戯れるように鳥達が 音を立てて舞い上がる見上げた空は いつもよりも遠くて自分が
君と 君とつないだ手を ずっと ずっと忘れない遠くてもずっと 忘れない嬉しい時 悲しい時 切ない時気がついたら 君がいつも 前にいた届きそうで 届かなくて 笑いながら同じ未来(ユメ)を 描いてると 感じてた君の側で 過ごした日に結末があるなんて 想像(オモ)っていなかったの泣いて 泣いて泣き崩れて 胸が 胸が痛くてもさよならなんて 思わないよ君と 君とつないだ手を ずっと ずっと忘れない遠くてもず
退屈を持てあますくらい タカラモノに包まれてるんでしょ?「うまくいかない」 きまってすぐUNDOできないから人生 親指立てグッジョブ自信過剰?自分微妙もっとつまらないキミのチョイス 期待以上出してみようきっとLUCKY☆LUCKY LIFE 一緒に HAPPY HAPPY TIME大キライも好きといえたらいいね笑って泣いて 毎日が PARTY PARTY NIGHT楽しいもん勝ち そうでしょ?声に
そっと閉じた傘から重なり落ちてく雨粒何をして過ごせばいいのか君をなくした僕はただ弱く甘く もどかしい程の愛はただ脆く淡く 美しいばかり時が完全に過ぎたら 苦しみさえも想い出せたらいいそっと空に触れたら果敢なく未来が滲むよ誰の為生きていくのなんてあの日気づけなかったただ強く永く 信じたいだけの愛にまだ蒼く遠く 臆病だったよ時が完全に過ぎたら 未来の色も想い出せたらいい巡りゆく季節に置き忘れた僕の欠片
I wanna know What is love 目に見えないココロ壊れたエブリディ隠してるイヤな夢見て 行き場所なくしたりねきっと 足りない愛情 確かめてるだけ 永遠なんて幻想と決めないで理屈や理論ばかりじゃわからない感じることが Its my true
belive in Love つよく愛をつないだらあたたかい笑顔につつまれた居場所さがしてた 季節に君がそっと 光をあたえてくれたね淋しさにつぶされて 涙したそんな日もあったけれどbelive in Love つよく愛をつないだらあたらしい世界が見えた会えない距離もこえて 君といたいから私は明日も愛をうたうよ君といるだけで嬉しい握りしめた この手 離さないでもう少し優しさに触れるほど サヨナラがつ
どこか遠くへ行きたくなって夢と遊んで行ったり来たり 部屋の中で時計の針に追いつきましょうテレビの中は今日も賑やかかんたんな事 難しくして大騒ぎね街へとすいこまれても 自分を描きたいなキミの笑顔はボクに ボクの笑顔が誰かに時を超えて届いてく 信じてみたいよね喧嘩ばかりしていたキミの優しさ気づいた思うままに受け取るのは GENKIのGIFT過去へ未来へ電車に乗っていつも手のひら 情報の渦 眺めてるね人