哀しみ一つ覚え始めて 空 見ても Blue青さも逃げて 広さも途切れ 降る雨に 打たれ自分の色も答えられない OH…どこまで歩けば 愛し合えるのLOVE MINSU ZEROから OH…太陽を切り抜いて 素敵な誰かさんに貼りつけて明日天気にしてくれるなら 恋 したい 君と腹ペコの夜 夢をかじって まだ独り いつか25色の迷いを捨てて OH… 真新(まっさら)なまま 感じ合えたらLOVE MINSU
孤独をGokunと喉に仕舞いこんだらばすぐにメンフィス通りの先端で無期限使用のパスポート(受け取れ)YAI YAI…… IYA!地酒で声を嗄(か)らしてたパーティー好きなじぃーさん赤道直下のはしっこで目覚めも飲まない水を飲む(Ar……)YAI YAI…… IYA!いづらくて A.D.1994(独り旅)とぼけた白夜に付き合って(迷子)いささかぬるい優しさと(Bagには)あまった愛だけ詰め込んで(A.D
昨日歩いた道も今から歩く道も誰が決めた理由(わけ)じゃないなんとかなるさ昨日飲んだ酒より今ここで飲む酒は夢を見させてくれるさまるでメリーゴーランドまわる まわれ古時計の針より早く遅く 止まらずに刻んでゆけまわる まわれ古時計の針より早く遅く 止まらずに刻んでゆけ昨日通った道も今から通る道も誰が教えた理由(わけ)じゃないなんとかなるさ昨日飲んだ酒よりこの店で飲む酒は夢を支えてくれるさそれはメリーゴー
鉛色した 異国の空で愛をほおばり咬み砕いてた腕を枕に眠(ね)たふりしてりゃ荒海(みず)に沈んだ聖母(おんな)が観(み)てたとがったナイフ十字架に刺し過去の懺悔が唯一のみやげここに来て Ah……Ha……Ha…… 夜が長いから捨て猫を抱いていた WOW・WOW・WOW……捨て猫と眠ってた WOW・WOW・WOW……化粧をはがし悪びれたまま二つの顔を入れ変えていた十字架だけじゃ満たされぬ腹過去の懺悔をむ
君はそんなに僕から離れて 座る事なんかないじゃない今日だっていやがる君を 連れて来たのは悪いと思うけど水割り1杯付合ったって 罰があたるわけがないだろう君だってもう大人なんだよ ポップコーン頬張る年じゃない今急(すぐ)に僕の心 君の側に 座らせてよ 気兼ねなく 思うままにそっぽ向かずこっち向いて 僕の心君の虜僕のすべて愛で割って 酔わせてあげるどうだい酒って奴は 付き合ってみると面白いものだろうほ
HU-HA- ……身体の芯から 忘れちまったものは少女マンガのような DOKIDOKIした心積まれた金じゃない 決めたスタイルじゃない時には乙女ちっくに しっとりしたってみたいだけ生きてるキャリアを教えて 恋など出来ぬが僕らをただの男に変える あいつは何なの俺ら最近(ちかごろ)オマエにサ ちょっぴり“ホ”の字の恋みたい乱れたPaceにゃならぬけど 心の高鳴り点・テ・TEN浮き立つ目先で はしゃぎす
Ha-Ha-Ha- SILHOUETTE MORNING鏡に映る二人の すき間繕う一つの影は誰 君の恋心Wine 口に含みながら膝を抱えキャンドルの炎見つめ何を悩んでるのネェ 君の全ては どっちを向いているの北向きならとても寒かろう 僕の側においでせめて今夜だけでいい 僕の腕で安らいで朝が来れば昨日と同じ瞼に時は重なり うつろに横たわりだす君にユラリ 僕の恋心互いの肩に寄添えるころに星は傾向(かた
後ろ側(む)きのままのお前を抱いた激しく 恥ずかしく 乾いたシーツで過ぎ行く日は薔薇 散るのは覚悟刺さった棘さえ抜けなくて気が抜けちまった ワインで酔えばお別れ上手な お前の瞳に映し出した夢 一行足らずみぞ打ち くらった物語KESHIの花咲いていたね まるで夢の中満ちたりた今日を拾い 子供のようにI LOVE YOU, in my Heart,yesterday-next day Ar-Hr-Hr
冗談じゃねぇ 何でこの俺がこんなとこで つまずくんだよ冗談じゃねぇ どんな時だって俺なりの やり方で来たいい子ぶる程 おりこうさんしゃないいいなりになる程 おちぶれちゃいない分っちゃいない 奴等なんかととても やって やって やってやってられないよ冗談じゃねぇ 何でこの俺がまわり道をしなきゃならねぇ冗談じゃねぇ 急ぎすぎたのは世の中だろ お前達だろ手をつなぐ程 気弱な男じゃない機嫌取っている程 暇
我楽多(オモチャ)の箱 倒した時君は何かを 思い出す抱き締めたい 息が出来ぬ程君の笑顔が戻るまで小さな頃 僕達にも見えてたんだ我楽多(がらくた)箱 引っ繰り返し溢れる夢を遊びが君は今 フト 忘れかけてるドアの鍵穴に 背が届いた冬向側(むこう)を 覗いた心を我楽多(オモチャ)の箱 倒した時君は何かを 思い出す抱き締めたい 息が出来ぬ程君の笑顔が戻るまで大人になり 明日のことまで 見えすぎるよね瞬きば
足りないものが 判りはじめたらI dont know know know, Im so stimulation胸で十字切って 立ち向かえYou dont know know know, Im so
あなた踊りませんか 夜のしずくのみほし月あかりとバラのかおり はだしで草の上を今日は踊りませんか ずっと踊りませんか指をからめみつめあって つかずはなれず夜明けまで二人でだきあっても かなしくなるのはなぜ夢からさめたら そっと夢にもどろう二人で生きていても さみしくなるのはなぜ夢からさめても それも夢のなかあなた踊りませんか ことばわすれしずかにみずうみにはゆれる小舟 いきをひそめてねむる今日は踊
甘えたい それが女のものなら男なら 椅子を捜す疲れたみたい 本音を吐けば生きてるせいじゃなくて遠く離れてみたってすぐに逢いたくなるから君を見守れる 場所で三日月に腰掛けながら満月になる ほんの少しまであの日の夢で 眠れ涙はいつも 女を誘い男は奪い合った手におえないネ 今の君ではやんちゃな僕の世界涙選ぶ雨の日は君が見えなくなるけど心あずけてあるから三日月に腰掛けたまま満月になる ほんの少しまで忘れる
100%の人などこの世に居るのかよ不完全だから僕らは日本一をめざしているのサだから人間らしく毎日をたくさんほしがれば飲むだけ飲んで 99杯数えたらあと一杯は 地球の真ん中に ブッかけてやる飲むだけ飲んで 99杯数えたらあと一杯は 地球の真ん中に ブッかけてやるWOW WOW...HO-HO-つまらぬ人らのホロなど 今さら出来るかよ100人たばでかかっても自分に負けない奴が 好きだからだから人間らし
先頭に立ってた大人が けっこ~ノーマルな 標準サイズでしゃがみこんでた子供が たってゆかいな アーティスティックでやがて世界にON AIRされるだろ昔より少し ましなドキュメントが愛を伝えたい どんなに トラブっても字数合わせの シナリオ ボツでHEY HEY フェロモン遠慮なく 出っぱなしその手 生かせる お国はどこHEY HEY フェロモン冗談抜き 出っがらし作家は フィクションだけ街角にぶら
別れないでおくれあいつと俺はガキの頃から ずっと友達なんだお前がいなけりゃ あいつは元のただの不良になっちまう別れないで ないで ないでお願い たのむよ別れないでおくれあいつも悪い俺が責任持つさ今度の事は昔の奴等に 声かけられりゃシカトするにもできなくて別れないで ないで ないでもうすぐ 帰るさ別れないで ないで ないで信じてやりなよ
たとえば子供に帰るって事はこんな時かも しれない長い人生の折り返しただ時代に追われてどうかしてた 今までが独りじゃない ささえだけ集まった オシャベリスト達が星空を しぼった酒でWAI WAI YAI YAIたとえば子供に帰るって事はこんな時かも...いいね!忘れてきたものは何?宝石より眩しく季節を1つ増やしても独りだけじゃ さがせない集まった さみしがりや達が星空を しぼった酒でWAI WAI YAI
追い風強い 世界だけどこの道しか歩けないから身体を乗り出しこぶしを握り牙をみがいて振返れば 長い夜ばかり身を切る思い出だけが心を揺さぶり俺の未来へ歯を食いしばらせるのサこの広い大空に はばたくまでまずは初めの一歩 踏み締める俺はこの世の果てまで歌い続けるから心休める時は君の場所に返るよ長く長い坂道を登り詰めるまで遠く遠い空の星を強く握めるまでもう後戻りは 出来ないのサ前回でつっぱしるだけもうこの水
赤いキャンディ 包んでくれたのは古いNewspaper白いペンキ何度も塗りかえす夏の風の中で今頃 故郷のテネシーあたり刈り入れ時さと カタコト交じりでバルコニーから 覗くあんたはブロンドさえも色褪せていた派手な化粧 振り徹く オーデコロン自慢の胸のペンダント俺の髪を 撫でまわしながら開けて見せた写真もう一度 船に乗る夢ばかり風邪をひいた日に うわ言のように好きなブルース かけてた夜はきまって夜明け
ぜったい怪しくてうぶな影を纏いREMEMBER GIRL DAYS HU-HU-HU-売りさばいた 思い出は今SHALALALA...独りがいい2人の孤独よりただ夜から朝まで来いをした届かない眩しさにいつあえるの観えるのは オーラだけDICEで選んだ 君の風に 横切られただけ砕け散れば Back To THE YEAH! YEAH!真っ暗な 夜から とった 星はいかがREMEMBER GIRL DAYS
街で見つけた 今夜だけのパートナー傷ついているのは 君だけじゃない虚しさだけを 感じているのは俺だけじゃないはずさ この都会(まち)のどこかで愛だけで SAIL AWAY生きてゆけたなら笑い合っていつも暮らせたなら夢だけで SAIL AWAY生きてゆけたなら言葉はいらないSTILL I LOVE YOUグラスに注いで飲みほした LONELY HEART心の痛みは癒せはしない冷たい風が吹き抜ける LONELY
いいサ話なら チョットつき合うサいいサ泣くがいい 忘れられるならそれ以上俺に心 見せるなよ淋しさ 謳うのはよせよ傷口につけ込むのは 趣味じゃないMoon Roofが泣いてる……High-Way 飛ばして戯れの一夜(イチヤ)をお前と過ごせたら 夜明けまで獣(けもの)のように俺の痛みなど どうせ解るまいお前のSAYONARAが 息の根を止めた泣き顔を見せても 俺は抱けるのさ今夜あの酒場(みせ)に居るサ
波打ち際で遊んだ日からおれはずっと旅をしてたようさ何も知らずに地図も持たずに好きか嫌いかだけこだわってきた Nu~黄昏に染まる きらめく渚どこかに昔が潜んでいるようさ傷ついたり傷つけたりそれはそれでいい“Thank you my love” さよなら 想い出はひき潮本気でもう一度何かを やってみたいような気がする“Still, on the beach”……いろんな奴と出逢ったけれどいつもおれのハ
例えばいろはのいの字なら色めくインチキ色事も運が良けりゃ一蹴するさ例えばいろはのろの字ならロマンをロールに濾過(ろか)しよう運が逃げりゃ禄(ろく)に当たる何も応無(いらな)い運って名の仲間(ソレ)を俺のポッケの奥に突っ込む事が出来りゃ……例えばあの娘(こ)のあの字なら灰汁(あく)をあやしあっさり遊べ運が良けりゃ逢い引き相部屋例えばあの娘(こ)のこの字なら恋の粉をコマしてあげよう運が良けりゃコロコロ
舌打ちの音で目覚めた コソ泥の様に俺を睨むだけどいつの日か おまえに わからせてやる未来やら夢と くすぐったいぜ俺は欲しいモノ 欲しいと 欲しいと叫び続けるWith you, I say 帆を上げろ Sall on時いつか果てるまでWith you, with you札つきと呼ばれ目覚めた 掟破り 俺を睨むRomance Lalala Sweet Memoryそいつにゃ飽きた腹を満たすには ごめん
真夜中のホームで 煙草の火 さしだ出せばあいつの眼に キラリ光る あれは涙別れの乾杯だ カンビール 投げてよこしほろ苦く 飲めば唱う「風に吹かれて」青春が暮れてゆく 都落ちする友がいる夢見る頃は過ぎてゆく 下りの汽車を君は待つベンチに背をもたれ星空を見上げればこの街に はじめて 来た時と同じさどれだけ歩いたか この街で 夢探しまずしさを笑うほどに 二人若かった恋人と暮して 人並みの幸福をこの手に願
流行(はやり)の雑誌でも粋にめくる様に誰かを待ってる 白いコートの女時折、店の煙草の煙りに目を細めて扉(ドア)を見つめる。TOKYO GIRL 別れ話かTOKYO GIRL ただのデートさTOKYO GIRL ヒゲのウェイター グラスカタリと置く呟息(ためいき)の MIDNIGHT 予期せぬ場面(シーン)あれこれと MIDNIGHT 思い浮かべた逸(はや)る心今夜も酔態さ 相手探す様に誰かを待って
空は朝やけに染まって低い雲から光の線差し込んでいるとまるで遠い日描(か)いた初めての絵の様にひといき ついたら あの光までもが迂曲(うね)り始めひといき つく頃 あの想い出さえ鮮やかに空は夕やけを散りばめ続く雲から光の線曲線連(つ)らねてまるで遠い日描(えが)く初めての落書きさひといき ついたら あの雲の群れまで移り始めひといき つく頃 あの想い出さえも暮れて行くひといき ついたら あの空の晴れ間
この次逢うのは いつの日だろうか選んだ行(ゆ)く手に 悔いはないさ平らが嫌いな 俺とおまえの道もSo Long 今日が曲がり角…後(あと)には退(ひ)けない 喧嘩もしたけどかえって絆を 太くさせたいっしょに転んだ 男同士じゃないかMy Friend ぐっと空(あ)けてくれ…幻の魚も 若い瞳(め)は見えたね光に はねる その勇姿(ゆうし)を奔(ほとばし)る何かが 冷(ひ)えてゆく夜には馴染(なじ)ん
Want you baby さまよう ホノルルの夜はパープルに更けてKiss me baby 今夜も 火傷(ヤケド)しそうな視線からみ合うよ Dance floorShower lightsはエキゾティックさ肌は汗ばみ ウォッカに酔えばお前にお前に 愛をあげるよ今Touch Touch Touch やさしくCatch Catch Catch 心を腕を背中に廻せば燃えるChance Chance Chance